海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Prisoner』リメイク版を見た シックスは脱出できるのか? そもそもここはどこ? オレは誰?

the Prisoner

AMCの6回連続ミニシリーズ『The Prisoner』(『プリズナー No.6』)を見ています。私は知らなかったのですが、40年以上前に英で作られた同名のTVドラマ(日本名『プリズナーNo.6』)のリメイクだそうですね。

ウィキによれば、一部に熱狂的なファンを持つカルト的作品だそうです。カルトってことは、つまり不条理だったり、謎がいっぱいだったり、つまり意味分からん部分もいっぱいあって、それをファンそれぞれが独自に解釈しちゃってみたいなことでしょうね。今回のリメイクは、たぶんそこまで不条理ではありませんが、確かに独特の設定はそそられます。軽く思い出したのが、安部公房の『砂の女』。ひらめきの元にしてませんかね?ちょっとだけね。

リメイク版の第一話では、“6”と呼ばれることになった男(ジェームズ・カヴィーゼル、映画『パッション』のキリスト役)が、目を覚ますと砂漠の真ん中にいました。そこには何者かに追われている老人“93”もいて、“6”は“93”を救助しようとします。“6”は“93”に「君は“ここ”から来たんじゃないのか、奇跡だ…」と言うと、こときれます。“6”は自分がニューヨークにいたことを覚えていますが、それ以上のことは思い出すことができません。砂漠をさまよい、“6”がたどりついたのは小さな村。“6”はタクシーを呼びとめ、鉄道の駅に連れて行ってくれといいます。ところが運転手は「鉄道」ってなんだ?とまったく理解しません。ここは“ビレッジ”なんだと。

この“ビレッジ”では、人々は名前ではなく数字で呼び合っていました。彼らは、この“ビレッジ”以上の場所があることを知りません。この“ビレッジ”こそが全てなのです。人々は、“2”と呼ばれる男(イアン・マッケラン)を、あがめていました。「ビレッジから出たい」と直訴する“6”に、「ビレッジに“やって来る”ことはできても“出て行く”ことはできない」と一蹴したのもこの“2”です。

“6”は“93”から聞いた謎の言葉や、断片的に蘇ってくる記憶を頼りに脱出しようとします。そのたび、ローヴァーと呼ばれる巨大な白い球(写真に写っている)に阻止されてしまうのです。

果たして、なぜ“6”は“ビレッジ”に連れて来られたのか、そもそも“ビレッジ”とは何なのか、“1”とは存在するのか?など、謎がてんこ盛りデース。ああ、『LOST』のこと書いてるみたいな気分になってきた。元祖『LOST』なの、このドラマ?

今のところ2話までしか見てないので、これから上の謎が解かれていくものと思います。こんな“カルト”作品に、説得力求めても仕方ないですけど、いくらなんでもこの時代に“ビレッジ”みたいなのは存在しないでしょうよ? “6”が村民に「じゃあ電話を発明したのは誰だ?」と聞くシーンがありますが、じゃあ、車はどこで作ってるんだ、石油はどこから持ってきてるの?とかいろいろ考えつきますからね。まあ、そういうこと全部忘れて見たほうが楽しめる? 
(今、4話まで見たのですが、これは『LOST』っていうより『バトルスター・ギャラクティカ』に近いような哲学モノ。人が人を監視しあう社会、恋愛は作り出せるのか?今自分がしてる恋愛も実は…なんて、素敵な問いじゃない? ああ、頭かきむしられてます。すごい考えされられるので、一回見ただけでは私には理解無理)

40年以上前からは時代は変わりました。ベルリンの壁は崩れ、ソ連は崩壊。機密事項も時が経てば公開される時代です。この“6”の設定がオリジナルの「国際スパイ」から、リメイクでは「調査テクノロジー会社のアナリスト」に変わっているのも時代を感じさせます。もはや、おっかないのは、共産主義やアルカイダよりも、最新のテクノロジー力を持つ民間会社なのです。オリジナルの持つ不可解感覚はだいぶん薄れました。そこがファンタジーだったんだけど。なんだか妄想男の話みたいになっちゃった感。ファンタジーもやりにくい世の中です。
(2010年9月22日ちょっと変更)

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。