海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV被害について語る、リアーナとトーリ監督 Part 2

Joe

元ニューヨーク・ヤンキースの名将で、現在はロサンゼルス・ドジャースを率いているジョー・トーリ監督。日本でも松井秀喜選手の恩師としても有名でしょう。そんなトーリ監督が、家庭内暴力の被害者であったこということはご存知だったでしょうか? もちろん奥さん(アリさん)からではありません。子どものころ、NYPDの警官だったお父さんから。

これもロサンゼルス・タイムズ紙から。くしくもっていうか、合わせたのか、リアーナの記事と同じ、11月6日の新聞から。

記事によれば、トーリ監督はプライベート・パーソン。自分のことをあまり外に口外しない人でした。そんなトーリ監督が、15年くらい前に奥さんと一緒に、自己開発セミナーに参加します。そこでトーリ監督は心の内を開くことを学んだのです。

そのセミナーの翌日、トーリ監督は実のお姉さんに電話をします、僕らのお父さんは、お母さんを殴っていたかと。トーリ監督は、答えを知っているにもかかわらず、あえて質問したのです。お姉さんは教えてくれました。「お母さん(マーガレットさん)は、お父さんにあるとき、階段上から突き飛ばされた。お母さんがおなかに新しい命を宿っていることを知って、お父さんが激上したの」。お父さんはもう、これ以上、子どもを望んでいなかったのでしょうか。生まれた男の子ジョー君こそが、後のトーリ監督です。

学校から帰ってきたジョー少年は、意地悪なお父さんの車がまだ家に停まっているのを見ると、家には帰らず、友だちの家で時間を過ごしました。9歳だったジョー少年が、物音がして台所に飛びこんでみると、お姉さんがナイフを手に、身を挺してお父さんからお母さんを守っていたをのを見たこともあります。ジョー少年が11歳のとき、お兄さんはついにお父さんを家から追い出すことに成功しました。

それでも、恐怖に震えていた少年は、自分に自信の持てるもの=野球に励むようになります。それだけが彼のモチベーションだったのです。

この後、ヤンキースでは、まさしくお父さんをほうふつとさせる暴君オーナーに長年付き合うことになります。暴力を受けたものは、暴力を振るうものになる、またはまた振るわれることになる。アビューズの輪を断ち切ることはできないのでしょうか?

トーリ監督と奥さんは、このアビューズの輪を断ち切るための慈善活動に熱心に貢献しています。ニューヨークでは、トーリ監督のお母さんの名前にちなんだ“マーガレット・プレイス”なる10室のセーフ・ルーム(逃げ込み場のようなもの)を設立しました。

子どもたちに自分の経験を語って聞かせることもあります。アビューズの輪を断ち切る。それは子どもたちに向けたメッセージ、そしてトーリ監督、自身への挑戦でもあるのでしょう。

コメント

非公開コメント

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。