海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜこんなことが可能に?風呂敷でかすぎ『FlashForward』

flash forward

ABCが、今シーズンで終わる『LOST』の後釜として非常に期待してるような『FlashForward』2話目を見終わりました。地球の全人類が、2分と17秒だけ、ブラックアウト(気を失う)というSFスリラードラマです。ブラックアウトの原因を探す&その間に見た予知夢を阻止というのが、このドラマの展開なわけです。広げた風呂敷でかすぎですが、見る価値は十分です。

また、凝りなくパイロット版を書いてみましょう。

ブラックアウトから、女性の悲鳴で目が覚めたのは、FBIエージェントのマーク(ジョセフ・ファインズ)。車から這い出してみると、ロサンゼルスの街はあちこちで車の事故、人々は泣き叫んでいます。

4時間前にフラッシュバック:マークの家。最愛らしい奥さんオリビア(ソーニャ・ヴァルゲル)が寝てます。オリビアは外科医で、マークにガレージのドアを直しといてね、なんて言ってます。娘チャーリーがいます。

マークと入れ替わりにベビーシッターのニコール(ペイトン・リスト)がやってきます。マークに「今日は長めにいてね」と言われ、どうせ勉強がするからとニコールは引き受けてくれます。

オリビアが後輩医師のブライスに「昨日は回診来なかったね」と留守電を入れています。そのブライスは、何を思いつめているのか、ビーチで自殺しようとしています。

マークは、アルコール患者の会に参加しています。アーロンなるマークのスポンサー(アドバイザー)が自分の経験談を話しています。アーロンは娘のトレイシーがアフガンで戦死したことが、アルコールに走るきっかけとなったようです。しかし、トレイシーの死体ははっきりしておらず、DNAがマッチしたという理由で戦死したとなったようです(←きっと生きているんだな。多分)

アーロンはアマンダに電話するべきだと、マークに言われてますが、まだしてないようだと、オリビアから聞いたマーク。アマンダは看護婦ですが、デートの相手ってこと?アーロンは、水道電気局(DWP)に勤めているようです。

一方、マークの家で、勉強してるはずのニコールは昼寝しているチャーリーをいいことに、ボーイフレンドを連れ込んで、ラブラブです。

マークは、相棒のディミトリ(ジョン・チョウ)と一緒に、張り込み中。ディミトリはゾーイなる恋人と結婚するので、その結婚式の話をしています。マークはどうでもいい感じ。3人の容疑者たちが動き始め、マークたちは車で追跡を始めます。うち一人の金髪女性はFBIも誰かはつかめていません

誰もが、その何気ない日常の一瞬を過ごしていたとき、ブラックアウトが起こりました。

そのときのマークの記憶。禁酒したはずのアルコールを手に、ボード一杯の資料を見ながらヤケ気味です。腕には手作りのミサンガが…。

そして、2分17秒後、皆がやっと目を覚まします。口々に「どうしたの」「気を失ってたみたいだ」。ロサンゼルスの街はあちこちから煙。半壊状態となりました。

目が覚めたニコールは慌てて二階のチャーリーのところへ。チャーリーは無事でしたが、「悪い夢を見たの。もういいことは何もないみたいな夢だったわ」。

マークとディミトリは、容疑者一行の車を発見します。金髪女性を見つけたディミトリは「あのスーツケースはどうした?」と締め付けますが、「ブラックアウトしたの、私はどこか別の場所にいて、嵐が起こってたわ。馬はびっくりしたの」と意味不明のことを言い出します。

マークはオリビアと連絡が取れません。ディミトリに、病院に行ってこいと言われ、オリビアの病院へ走り出します。街では、皆がテレビを見ていました。このブラックアウトは全世界で起こったようです、ニュースが知らせています。オリビアから電話がありました。どうやらブラックアウトで混乱し病院は忙しいようです。ブライスも自殺せずに病院にやって来ました。8歳の少年が頭をぶつけ、運ばれてきました。「君は大丈夫だからね」というオリビアに、「分かってるよ、オリビア」と少年。「なんで、私の名前を知ってるの」とオリビアはびっくりします。

FBIのロサンゼルス支局に戻ったマーク、上司のスタンフォードと話しています。「ワシントンもCIAも国家保障省も調べてるけど、どこも何も分かってないんだ」。マーク「みんなが一斉に気を失ったんだろ」。スタンフォード「しかも同じ長さだ、2分と17秒」。

ブラックアウトから4時間後、FBIでは、マークたちが会議を始めました。口々に被害を報告し始めます。そのときマークが「ブラックアウトそのものはどうなんだろう?僕にとっては、気を失ったというより、夢を見ている感じだった」といいます。口々に他の人々も「私も同じだった」と同意します。

マークは「僕の場合だけど、夜の10時にオフィスにいた。2010年の4月29日だった」。他の人も同意です。皆、6ヶ月後に意識は飛んだのです。

ディミトリは、容疑者の謎の金髪女性を連行します。「私たちがブラックアウトを起こしたんじゃないわよ」

他の同僚ゴフが、マークとディミトリのところにやってきます。自分はそのときロンドンにいて、4月30日の午前6時だったというのです。時差ですね。そのとき彼は、スコットランドヤードと共同捜査をしていたといいます。ゴフは、スコットランドヤードのソフィア(アレックス・キングストン)と一緒にいたから、彼女も同じ経験をしたか聞いてみようといいます。

そして、ロンドンのソフィアに電話してみると、見事に彼女もゴフと同じ夢(ビジョン)を見ていたのです。

皆がテレビを見入っています。評論家たちがブラックアウトについて話し合っているのです。世界の全員が同じ時間の夢を見ていたということで、「まるで巨大なモザイクのようだ」という言葉を捕らえたマーク、ビジョンで見た捜査の名前が「モザイク」だったことを思い出しました。

マークは「このビジョンが意味のあるものならば、きっと何かに導かれることになる」といいます。ただ、今のところ何を意味しているのか、さっぱり分かりません。

ディミトリは、自分が何も覚えていないことに不安を覚えます。同僚のジャニスは自分が妊娠していたといいます。今はボーイフレンドもいないというのに。

ディミトリは、世界のそれぞれの人々がビジョンについて投稿しあうべきだとアイデアを出します。ウェブサイトを作りましょう。

そしてマークは、ヴィジョンで見たヒントを手がかりに捜査チームを作ることになりました。スタンフォードは「この原因を見つけること、そしてこのブラックアウトが再発することがあるのか調べろ」と命令を出します。

ディミトリと一緒にヴィジョンで見たボードのヒントを再現していきます。「Gibbons」や人形の写真を思い出しました。腕に★3つのタトゥーのあるマスクをした男がマークを襲いに来たことも思い出しました。

ディミトリは、怖れていたことを口にします。「オレは6ヶ月以内に死ぬんだな」。

家に帰ったマーク。子守をしていたニコールに「大丈夫だよ」と気休めを言いますが、ニコールは「FBIだって何も分からないんだから、大丈夫だなんていえないわ。これは神が仕組んだことなのかしら」。「なんでそう思うんだ」とマークが聞くと、「私たちを罰するために」とニコールは言います。

8歳の少年の手術が終わったオリビアとブライス。まだ親はやって来ていません。どうやら母親は死んだよう。父親は、ロイド・シムコーといいます。

心穏やかなブライス。オリビアに「なぜ昨日休んだか聞きたいか?」といいます。ブライスは、オリビアに今日、自殺しようとしていたことを伝えます。驚くオリビア。しかし、ブライスはもう大丈夫、未来を見たからだと。ブライスは未来で生きていたことを知ったのです。このビジョンは自分にとってギフトだったと。オリビアにはそう思えません。「何を見たんだ?」と聞くブライス。「私たちの結婚の終わりよ」とオリビア。

マークは、アーロンのところにいます。マークは「フラッシュフォワード(ビジョン)でまた酒を飲んでた」と告白します。心配や恥ずかしい気持ちがまた戻ってきたんだと。アーロンは「でも、見たことを変えればいいじゃないか」と励まします。そして「君だけが、ブラックアウトしたわけじゃないんだ」とも。アーロンには別のいい意味でのビジョンを見ていました。戦死したはずのトレイシー生きていたのです。僕は戸惑ってるけど、希望がいっぱいの気分なんだとアーロン。「君は未来が実現したらどうしようと心配しているけど、僕はそうならなかったらどうしようと思うよ」。

マークはガレージのドアを直しています。そこにオリビアが帰ってきました。
「ドアを直してくれたのね」
「今日は楽な一日だったからな」

愛し合った2人。「あなた何を見たの?」と聞くオリビア。マークはオフィスでの夢を話します、お酒のことは話しません。一方のオリビアは話したくないと拒否します。問い詰めるマークに、「私は他の男の人と一緒だったの。見たこともない人よ。彼はこの家にいたのよ。彼への気持ちもリアルなのよ。どうしたっていうのかしら、私はあなたを裏切るつもりなんてないのに」と泣くオリビア。「夢を見たからといって、実現するとは限らないよ」とマークはなぐさめますが、不安な気持ちでいっぱいでしょう。

病院で。8歳の少年と一緒にいたブライスは、少年の父親と面会します。その父親(ロイド・シムコー)は、オリビアがビジョンで見た男でした。

夜更けにチャーリーがいやな夢を見たと起き出してきます。チャーリーはマークに贈り物を渡します。ビジョンで見たミサンガでした。「はめてほしい?」チャーリーは聞きます。ビジョンは一つ実現してしまいました。

FBIで。まだディミトリとジャニスは仕事しています。ジャニスは「私たちの知る限り、地球上の全員が一斉に意識を失ったんでしょう。私は世界中のあちこちの監視カメラを調べてみたの。11時になると、みんな同じように気を失い、目を覚ますの。だけどね、これを見て頂戴。デトロイト(の球場)よ」。そこには、皆が気を失っている中、一人だけ立ち上がって足早に立ち去った男がいたのです…。

ああ、長かった。
果たして、誰が何のためにブラックアウトを起こしたのか、その仕組みは? そしてそのビジョンは本物なのか? ビジョンは変えられるのか? マークとオリビアは別れるのか、ディミトリは死ぬのか? アーロンの娘は生きてるのか? 容疑者の金髪女性は関係があるのか? そしてデトロイトの男はなぜブラックアウトしなかったのか? 

?が一杯ですね。『LOST』は意味不明の謎が多かったし、こじつけで解決してる気もしますが、こっちはそれに比べたら論理的に解決してくれそう。その分、『LOST』にあった遊び心とか、ファンタジーな気持ちはなさそうです。

『LOST』といえば、オリビア役のソーニャの他に、ドミニク・モナハンも出るようです。まだ登場してきてませんが。あんまり居場所ない気もしますが。

パイロット版だけの出演かもしれませんが、アレックス・キングストンが出ているのも、なんとなくほほえましいです。かつては、ジョセフ・ファインズの義理のお姉さんだったんですから。アレックスはジョセフ兄のラルフと一時期結婚してましたね。今でもジョセフとアレックスは仲が良かったりするのでしょうかね?

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。