海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの大スターはカリスマ性が違う 『Quantico』パイロット版が素晴らしい

quantico
この写真古いですね。左端の男優はジョシュ・ホプキンスに変わってます

本日は素晴らしいパイロット版を紹介しますよ。ABCが一押しの『Quantico』です。

ロスに住んでおりますので、だいたいどのネットワークがどの新ドラマを一押しか分かります。ABCが『Quantico』で、NBCが『Blindspot』、FOXは…『Empire 成功の代償』の爆発的大ヒットをシーズン2も続けたいという感じかな? 私も早くこの『Quantico』は見てみたいと思ってました。そして実際にとっても良かった。私的にはここ数年最高に楽しめた一本です。

さて煽ったところで、パイロット版のあらすじをダラダラと書いてみましょう。

9/11(全米同時多発テロ事件)を思い出させるような、ビルの瓦礫の中。主人公であるインド系の若い女性が意識を失い倒れています。

画面は変わります。事件の9ヶ月前です。

カリフォルニア州オークランド。先ほどの主人公の女性がジョギングから家に帰ってきました。母親が「電車に遅れるじゃない」と怒っています。その怒声もなんの、部屋に戻った女性はじゅうたんの下から何やら怪しい包みを取り出し、スーツケースに詰めました。タクシーに乗り、見送る母親に笑顔で別れを告げる女性。タクシーの運転手には電車の駅ではなく、「空港」と告げました。

飛行機の中、隣の若い男性といい感じになる主人公の女性。自ら「国境なき医師団」と名乗る女性、そして男性はフィリピン帰りの軍人のようです。二人は空港に到着後、男性の車で即席セックス。行為後、名前を尋ねる男性に女性は、次々男性のプロファイリングを行い、煙に巻いてしまうのです。

その一方で、次々に若い男女の紹介が行われます。ジョージア州オーガスタからはガランとした大邸宅に別れを告げる金髪の女性、ユタ州ソルトレイクからは人望の厚そうな好青年、ニューヨークからは丸メガネの冴えないゲイの男性、オハイオ州からはブルカをかぶった中近東系の女性です。皆それぞれ、主人公同様にワケありの様子。

彼らが一堂に会したのは、バージニア州クアンティコのFBIアカデミーでした。若者たちはFBI捜査官の卵たちだったのです。

教官のリアム・オコナー(ジョシュ・ホプキンス)と共に現れた上司の黒人女性ミランダ・シャウ(アーンジャニュー・エリス)が最初にカウンターパンチの一言、「さあ、皆さんが生き残れるか、お手並み拝見です」

そして画面は最初の爆破現場へ。主人公の女性は生き残っていたようです。そこは見るも無残な姿に変わり果てた、ニューヨークのグランド・セントラル駅。そして彼女に接近してきた男たち、それはFBI捜査官でした。

再び時間をさかのぼり、FBIアカデミー。ミランダが主人公ら新入りの研修生一堂に激を飛ばしています。

「この国は現在、過去に例を見ないほど、不安定な状態です。脅迫案件が増えているだけでなく、こうした脅しの犯人は大部分が悪名高きテロリスト軍団ではなく、私たちの身近に存在する、ご近所、一夜限りの遊び相手、もしくはあなたの親戚かもしれません。あなた方は、そうした脅しから国を守りたくてFBIに志願したのでしょう。その理想や試験勉強のおかげで、アカデミーに入学できたのかもしれませんが、それだけではあなたがここに居続けるには十分ではありません。FBIアカデミーは最も過酷なブートキャンプであり、最も厳格な学校です。ここは大学ではないのです、生死を分ける場所なのです…」

ああ、こんだけ書いてまだ10分程度。先にお知らせしておきましすが、このころは、まだ私、これって、『グレイズ・アナトミー』?『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』 ?と思ってました。新人たちが先輩にしごかれながら、一人前の医師や警官に成長していく青春ドラマって奴ですか?

たぶんそうなんでしょう。だけど、パイロット版のインパクトは大。『Quantico』はただの青春ドラマじゃありません、青春の甘酢っぱさに、コクあるスパイスが効いているのです。主人公の女性アレックス・パリシュを演じるインドの国民的女優プリヤンカー・チョープラーが醸し出すスパイス。極上です。

アレックスの性格を特徴づけるシーンを書いてみます。アレックスが冒頭に車の中でセックスをした男性は、案の定、同じくFBIの研修生でした。彼とアカデミーの仲間たちの前で再会した場面です。
男性「ライアン・ブースです。初めまして」(手を差し出す)
アレックス「(呆れたような顔をして)私、6時間前にあんたの車でセックスしたでしょ」
ライアン「(戸惑いながら)君が皆に知られたくないだろうと思ってさ」
複雑な表情の周囲をよそに、
アレックス「なぜかしら?」
居心地が悪そうに立ち去ったライアンの後ろで、アレックスはピュアな男心をもて遊ぶように、いたずらっぽく笑顔を見せるのです。

この第一話からアレックスが、いい子であるという青春ドラマの主人公の必須条件を満たしているか判断はつきかねます。分かるのは、物事に動じず、機転が効く自信家ということだけ。むしろ私は最初の5分くらいは、アレックスを好きになれなかった。しかし話が進むにつれ、どんどん魅力的になってくるのです。

アメリカでは、「グレイズ・アナトミー」+「HOMELAND」と評されているようです。「HOMELAND」ほど骨太でないし、緊迫感も足りませんが、パイロット版でキャラクターの性格を詰め込んだという点では「グレイズ・アナトミー」級かもしれません。

テーマは一見硬派ですが、どちらかと言えば女性向きでしょう。というのも、クリエーターのジョシュア・サフランは、「ゴシップガール」「Smash」の脚本家・プロデューサーなのです。私は「Smash」が好きでしたから、2話目以降も期待してしまいます。

そして後日…
2話目を見ました。かなーり、ごちゃごちゃして、パイロット版の出来は維持できませんでした。音楽の使い方も下手すぎます。そして「HOMELAND」でも、「グレイズ・アナトミー」でもなく、「ダメージ」なんだなと気が付きました。もっと言えば、軽めの「ダメージ」。傑作ではなくなりましたが、これからも見続けることになりそうです。

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。