海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Glee』マニア=Gleeks に贈るキャストほぼ総出演のオプラのトークショー・ダイジェスト(後半)

Glee RS


昨日に引き続き、『オプラ・ウィンフリー・ショー』の『Glee』後半です。

『Glee』をお子様向けドラマにしない最大の功労者スー・シルベスター先生役のジェーン・リンチが後半にスタジオ・トークに出演。このジェーン・リンチは、海外ドラマファンにはすっかりおなじみですね。犯罪ドラマも人間ドラマもコメディも何でもやれる器用な脇役女優の一人。売れっ子の彼女は、どこか他のネットワークで今シーズン主役のコメディのパイロット版を撮ったのですが、それが採用されなかったはず。おかげで、ゲスト出演の予定だった『Glee』にレギュラー出演となったんですね。何が幸いするか分かりませんよね、FOXにとってもジェーンにとっても幸せなことだったと思います。

オプラ:あなた不機嫌な役よね。
ジェーン「そうなのよ、スー・シルベスターのしゃべることは、イアン・ブレナン(共同エグゼクティブプロデューサー)が基本的に書いているんだけど、彼女の肩には悪魔がいるのよ。普通の人は何かをしゃべるときはフィルターにかけるもんだけど、彼女はそのまましゃべっちゃうのよ。私自身はもっといい人なのよ! みんな彼女のことが大好きなのよ。だってすごく彼女は意地悪なんだもの、まるでマンガみたいでしょ。そこがいいと思われてるのよ」

オプラ:この役のおかげで、あなたイケてる人になったんだってね?
ジェーン「(番組での)私のターゲット層は16歳の男の子だからね(笑)。私が16歳の時は、全然誰も気づいてくれなかったけど、今じゃ、コーヒーショップに行くと、一番お洒落な人たちが話しかけてくるのよ」

子どもの頃は、ジェーンも4年間コーラス部にいたそうです。いつか番組で歌うことがあるかも?

カートの他に、誰か高校でいじめられた人は?とオプラが聞くと誰もいません(カートは「かなりひどくやられた」とか)。そこでレアが「私は専門的に仕事をしていたからね。でも誰も演技をしたり、歌ったりする子のことをクールだとは思わなかったわ。皆、理解してくれないのよ。スポーツをしてればクールなんだけどね。私が自分の番組が好きなのは、私たちみたいな人のことをクールに思ってもらえるかもしれないから」

次は、『オプラ』のカメラが撮影現場に潜入です。なんと『Glee』はメルローズのパラマウントスタジオでやってるんだって。ずいぶん都会でやってるのでびっくり。この番組のクリエーターのライアン・マーフィーの『Nip/Tuck』も同じ場所だったよね、そういえば。

7時に集合するキャストたち、ザックとかいうコレオグラファーに指導されながら、全員でダンスの練習。最初は音楽なしで始めるそうです。いつも2つから4つの曲を練習しているそうです。

衣装トレーラーでは、シルベスター先生のジャージが。全部カスタムメイドだそうです。どうやらカートはシーズン後半でチアリーダー役をやるらしい。

だいたい同じシーンを4,5回撮影するんだよとマシュー。アンバーが録音スタジオへ。歌はスタジオで別撮りしているよう。

客席に座っているのは、共同クリエーターのライアン・マーフィー。「この番組は人と違うことの素晴らしさを描いているんだ。高校生くらいの時って、人と違うのは最悪だと思ってるものだけど、歳を取るとそれが良いことだと分かってくる。それがこの番組だし、それが芸術というものだ」

オプラ:彼らが卒業したら?
マーフィー「彼らは一生卒業しないんだ(笑)。彼らは10年間マッキンリー高校に行くから」

オプラ:このドラマのアイデアはどこから?
マーフィー「楽観的なドラマを作りたかったんだ。TVじゃ、ハッピーエンディングのドラマはなくなってしまったように思ってたから。だからこのドラマの放送が決まって、他の誰もが思ったように、僕自身びっくりした」

マーフィーはリアの声も絶賛していて、「彼女の声を最初に聞いたとき、何か切り込まれるような、刻み込まれるような気分になった」とか。またオーディションについては「3、4ヶ月かけて、全米中をオーディションした。まだ知られてない才能を引き出したかった。ニューヨークでは時間をかけて、リアやマシューもそうだったけれど、ブロードウェーのタレントとたくさん会った。けれど、僕らはそこらの街角にいるような連中から、探したかった。カートを探し出したときは、彼がとてもユニークだったから、彼のために役を作り出したんだ。それがこの番組だ、新しい声、新しい顔を発掘するんだ。シーズン2のために3つか4つの役を作ってるんだ。オンラインのオーディションでたくさん集まっているから」

最後は、マシューとハリーのダンス合戦でした。

おまけ映像が、この番組のサイト(http://www.oprah.com/oprahshow/Everything-You-Need-to-Know-About-Glee)で見れるらしい。Gleeks は必見!

それにしても、毎日練習に撮影に本当大変な番組だと思います。前からそう思ってたけど、『オプラ』見てつくづくそう思いました。ドラマ自体、なんとなく体育会系のノリがあるのは、ダンスや歌で共同練習をこなしてるからかも。若いキャストじゃなきゃできないわ。

4月13日のシーズン1後半まで秒読みカウントダウン。
(写真は最新号のローリング・ストーン誌カバー、Photograph by Mark Seliger)

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

コメント

Gleeksです!

こんにちは。
詳細なGlee情報、ありがとうございます。

アメリカでこんなにも、大人気なんですね。
そんなこと何も知らずに、ただおもしろくてハマッてました。

最初はハイスクールものかぁと思ったのですが、スーやテリが絡んでくることで、大人も十分楽しめます。

特に、テリが保健の先生になって学校に潜り込む第6話は最高です!
あと、スーのセリフがいいですね。
「そんな時間も子宮もない」とか「遅れたら猫を送ってやる」とかって、おもしろすぎます。
日本では、シーズン1の8話が放送されたところです。

今週新たに、テゥルー・コーリングのエリザ・ドゥシュク?主演のドール・ハウスが始まるようなんですが、どんな感じですか?
また、伏線はりまくりなのに打ち切りにするのでは?とか思っちゃってます。

ツゥルー・コーリングもサラ・コナークロニクルズも、伏線はりまくりで、打ち切りってほんとやめてほしいです・・・
サラ・コナークロニクルズ、もっと見たかったのに(涙)。

Re: Gleeksです!

あおばさん、こんにちは、
そうなんですよ、「Glee」すごく人気です。まさかこんなに人気になるとはーって感じです。最初の投稿を書いたときは、それほどでもなかったんですけど。おかげで「アメリカン・アイドル」の人気が落ちてます~。

テリの台詞は覚えてないけど、ジェサリンは大好きな女優なので、出続けてほしいなあ。エマ派が多いですけど、私はテリ派。スーといい悪役は必要ですよね。

やばい「ドールハウス」始まるんだ。。。。私はあれ、全然、意味分からず、終わってしまいました。ジョス・ウェドン製作なので?シーズン2まで続きましたが、カルトすぎて、FOXには合わなかったようです。SyFyとかだったら、もう少し違ってたのかもしれませんが。

あおばさんのおっしゃるとおり、伏線ありまくりは見るの辛いです。毎週30本近くドラマを見る身にしては。
また、日本情報教えてくださいね、ありがとうございます。
Lucky

> こんにちは。
> 詳細なGlee情報、ありがとうございます。
>
> アメリカでこんなにも、大人気なんですね。
> そんなこと何も知らずに、ただおもしろくてハマッてました。
>
> 最初はハイスクールものかぁと思ったのですが、スーやテリが絡んでくることで、大人も十分楽しめます。
>
> 特に、テリが保健の先生になって学校に潜り込む第6話は最高です!
> あと、スーのセリフがいいですね。
> 「そんな時間も子宮もない」とか「遅れたら猫を送ってやる」とかって、おもしろすぎます。
> 日本では、シーズン1の8話が放送されたところです。
>
> 今週新たに、テゥルー・コーリングのエリザ・ドゥシュク?主演のドール・ハウスが始まるようなんですが、どんな感じですか?
> また、伏線はりまくりなのに打ち切りにするのでは?とか思っちゃってます。
>
> ツゥルー・コーリングもサラ・コナークロニクルズも、伏線はりまくりで、打ち切りってほんとやめてほしいです・・・
> サラ・コナークロニクルズ、もっと見たかったのに(涙)。

ありがとうございました!

こんにちは。
「ドールハウス」の情報、ありがとうございました。
アメリカでは、もうシーズン2まで終了してるんですね。
tooカルトな感じでしたか。予告を見てなんかあやしげだとは思ってましたが・・・「true・calling」っぽいかなとも。

「Glee」は「アメリカン・アイドル」を凌ぐほどの人気なんですね。やっぱり、スゴイですね。
そういえば、アラン・ランバート、もう日本に来てましたね。早っ!!お化粧ばっちりで、日本のテレビにでてました。

今回ご紹介の、「オプラ・ウィンフリー・ショー」というのは初めて聞きました。日本でも見られるといいのに。

luckyさんは、週30本近くもドラマを見るんですね。
これからも、いろいろご紹介くださいね。
非公開コメント

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。