海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらベストエピソード誕生『プライベート・プラクティス』シーズン6 主役はシェルドン

現在米で放送中のシーズン6で最後となる『プライベート・プラクティス』。もう書くこともないかと思っていましたが、この場に及んでベストエピ(と思う)が登場したので、書かずにいられません。第9話『I'm Fine』です。

PPSheldon
この顔がエピを見た後でイケて見えてくるから不思議

この素晴らしいエピの主役はなんと、シェルドン(ブライアン・ベンベン)! 『PP』イチの地味キャラで、なぜレギュラーなのかも不明でしたが、土壇場でやってくれました。このシーズンの『PP』は最後だからなのでしょう、いろいろな変わった演出に取り組んでいます。これまでもサムやクーパーが主役の回があったり~。だけど今回のシェルドンがずば抜けて良い!

いつもは主役と言っても、アディソンが出てきたり、いろいろなストーリーが重なる『PP』ですが、今回はシェルドン、ほぼ出ずっぱり。アディソンも邪魔しません笑。このエピの伏線はシーズン始めの方に起こった、病院内での少女サラちゃん失踪(誘拐)事件。ちょうどこの事件の起こった時、シェルドンの患者で、幼女しか愛することができないというロリータ癖の男性、ニックが入院していたのです。

この回は、そのサラちゃんが失踪した夜にさかのぼって始まります。

★ネタバレ開始。というか、筋をそのまま書きますので、『PP』を見る予定の方は途中でやめるなりしてください★

失踪事件の夜、シェルドンはヨリを戻していた、元妻のローラとダンスを踊っていました。いい感じの二人でしたが、シェルドンが思い切って「自分は前立腺ガンなんだ」と告白したところ、ローラはつらい現実を受け止められずに去ってしまいます。

(サラちゃん失踪から37日後)

●シェルドンがカウンセリングを受けている精神科医(キャシー・ベイカー、渋い!)のオフィスです。ニックがサラちゃんを誘拐したのでは?と疑うことをやめないシェルドンに、精神科医は「あなたは強迫観念症ぎりぎりのところにいるんですよ」と忠告。ニックに連絡を取ろうとするシェルドンですが、返事はありません。

毎朝、放射線治療に通っているシェルドン、あるとき、待合室で一人の女性と出会います。乳ガンのミランダです。いつものように愛想の良いシェルドンですが、なぜかミランダはつっけんどん。

そしてクリニックに戻ったシェルドン。皆にはガンのことは秘密です。アディソンやジェイクらが明るく盛り上がっているときに、やけに深刻に対応して、場をしらけさせます。サラちゃんの件、ガンの件、シェルドンは鬱状態でした。

■ニックがシェルドンの治療カウンセリングにやって来ました。明るい表情で「新しい友だちができた」というのです。女友だちという言葉に、シェルドンは「彼女の歳は?」と聞かずにはいられませんでした。

(サラちゃん失踪から52日後)

●精神科医のオフィスで、シェルドンは「ニックは(女友だちが)25歳と言ったんだ」とまくしたてます。
精神科医「ニックが幼女に恋をしてると思ってるの?」
シェルドン「サラちゃんのことを心配している」
シェルドンは、病院で皆がサラちゃんのことを探している間、ニックが一人でいるのを見ているのですから、ニックが誘拐したなんて、ある意味、とんだ言いがかりでした。
精神科医「精神科医として、危険な考えよ」
シェルドン「子どもの命がかかっているからね」
精神科医「あなた自分の死のことが頭にあるんじゃないの?」

▼朝の放射線治療の待合室。少しほぐれてきたミランダですが、もっと話をしようとするシェルドンに、彼女は治療中に出会ったガン友だちの話をします。
ミランダ「ある日、彼女が治療に来なくなったの。私は彼女が回復しつつあるんだと信じたかった。彼女が夢見てたパリにでも行っているんだと。だけど私たちは友だちだったからね、彼女の夫が電話してきたの。彼女が死んだってね」
そんなつらい思い出があるから、ミランダはガン治療で会った人とは友だちになりたくないと告げます。シェルドンに返す言葉はありませんでした。

■シェルドン、ニックを治療カウンセリング。一度はカウンセリングを止めたいと言ったニックですが、やっぱり続けると言い出します。「ここに来るのが好きなんだ」と。
ニック「(恋をして)幸せを感じると、これってホントかな?って思うんだ」
シェルドン「自分が幸せになることを受け止められない人間は多いんだよ。自分はこんな幸せになるに値しないんじゃないかってね」
ニック「僕は値するでしょうか?」
シェルドン「(苦笑)」

▼朝の放射線治療の待合室。ミランダとシェルドン、自分たちの職業の話、そして離婚した相手の話とだんだんプライベートなことまで話し合うようになります。席も以前は端と端でしたが、だんだん距離が近づいています。
ミランダ「二人だけでいる時間を分かち合える人がいるっていいわね」
シェルドン、嬉しいような、でも複雑な表情

(サラちゃん失踪から80日後)

■シェルドン、ニックをカウンセリング。
ニック「ゆっくりいこうと思ってるんだ、つまり肉体的な関係には進んでない」
シェルドン「交際について、決められた計画表はないからね、君とアリッサ(女友だち)次第だよ」
ニック「もっと彼女と近くなりたいと思ってるんだけど。でもセックスするってことは、大きな展開だから」
シェルドン「愛し合うというのは、いろんな形があるんだ。僕らの社会ではセックスが最高の形だと思われているけど、必ずしもそうじゃない。相手を思って待つこと、それも正しいよ」
シェルドンの頭の中には、サラちゃんへの心配はもちろん、大きな存在となってきた乳ガンのミランダのことがあるに違いありません。

▼朝の放射線治療の待合室。
シェルドン「精神科医にはガンの話はほとんどしないんだ」
ミランダ「じゃあ、誰に話をしてるの?」
シェルドン「君だよ。クリニックの同僚にも言ってない、“ガンのヤツ”と思われるのがイヤでね」
ミランダ、思いつめた表情。そして「私、末期ガンなの。(涙声)だから、あなた、誰か他の話相手を探した方がいいわ

シェルドン、赤ちゃん出産のトラブルで入院中のシャーロットを見舞います。おなかの赤ちゃんのために安静で寝ていなければならないシャーロット、天井の一点をずーと見つめてなきゃいけないってツライわ、と愚痴ります。そんなシャーロットを見て、思わずシェルドン「その気持ち、分かるよ」と口走ってしまいます。何故、分かるっていうのよ?とシャーロットに突っ込まれ、「実はね、この数週間…」と告白寸前のシェルドンでしたが、やっぱり無理、「ジムに行ってるんだ」と誤魔化してしまいました。あきれ顔のシャーロット。

▼朝の放射線治療の待合室。遅れてきたシェルドン、ミランダが待ち構えていたようです。
ミランダ「ランチにいいレストランを見つけたの。名前が笑えるのよ、『君は何でもやっつけられる、今からでも遅くない』って」
はしゃぐミランダですが、
シェルドン「君が行ったら、旨いかどうか教えてくれよ」
悲しい表情のミランダ。

●精神科医のオフィス。
精神科医「何故、ミランダの誘いを断ったの?
シェルドン「僕らは待合室以外の関係を持たないって決めたから」
精神科医「もう、とっくに(精神的に)待合室以外の関係じゃない」
シェルドン「彼女、末期ガンなんだ」
精神科医は、シェルドンが彼の元妻ローラと同じで、大切な人を失う強さを持っていないと言います。自分はローラと同じじゃない、と反抗するシェルドンですが、どうあがいても無駄なことは分かっていました。
シェルドン「彼女のことが好きだよ。だけど次の段階には行けないんだ」
精神科医「何を恐れているの?」
シェルドン「(涙声)全てだよ」

■シェルドン、ニックを治療カウンセリング。言葉少ないニックに、シェルドンは心配します。
ニック「最初は最高だと思ったのに、だんだん現実が見えてくると、思った通りには行かないことが分かってくる」
シェルドン「それは、アリッサのことを言ってるのかい?」
その質問には答えずに、「彼女は幸せそうに見えないんだ、僕が何をしたってね」。愛するってことは、僕には向いてないのかも、と悲観的なニックに、
シェルドン「君は若いんだから、自分に合った女性を探せばいんだよ」
ニック「アリッサは、僕に合ってなかった。彼女を傷つけたくはないけれど…。僕は関係を終わらせようと思う
思いつめたような顔で終止符を打つようなニックの告白に、シェルドンは胸騒ぎを覚えずにいられませんでした。

(サラちゃん失踪から94日後)

▼朝の放射線治療の待合室。ミランダは来ませんでした。

シェルドンは、友人の刑事の元を訪れます。サラちゃん担当のその刑事は、有力な容疑者がいるとは言いますが、状況証拠にすぎません。意を決したシェルドンは、医師免許を失う危険を承知の上、ニックの存在を告げます。しかし、肝心の自白もなく、シェルドンの“勘”だけでは、警察は動けません。

■そこでシェルドンは急遽、ニックをクリニックに呼ぶことに。シェルドンには作戦があったのです。時を同じくして、サラちゃんの両親もヴァイオレットのカウンセリングを受けに来ていました。

■シェルドンは、ニックをうまく誘導し、サラちゃんは生きていると思うか?と問います。「きっと、生きてるよ」とのニックの言葉に、シェルドンはサラちゃんがまだ生きていると確信します。

一方ヴァイオレットのオフィス。サラちゃん失踪から3ヶ月たち、もう両親の神経もズタズタでした。もう仕事に出たい、こんな生活はたくさんだという父親、ついに「サラは死んでいるんだ」と言い出します。生きていると信じる母親とは正反対。しかし、一見、冷淡に思える父親の言葉には、父親なりの悲壮な思いがあったのでした。

■シェルドンとニックの治療カウンセリングの続き。まだまだシェルドンの誘導は続いています。そして、これまで聞き役、なだめ役に徹していたシェルドンが、一転してサラちゃん事件について追及、ニックを激高させます。怒ってオフィスから出ようとしたニック、そこに待ってたのは警官でした。シェルドンが、ニックには自殺の恐れがあると、精神病棟への収監命令を出したのです。

再び刑事の元にやって来たシェルドン、ニックが収監されている今しかチャンスがないのです。シェルドンは、刑事に、ニックが自白したとウソをつき、家宅捜索へと踏み切らせます。リビングルーム、台所と突き進む、警官たち、果たしてサラちゃんは本当に生きているのでしょうか、てか、本当にニックが犯人なのでしょうか。。。。

▼翌朝、朝の放射線治療の待合室にやって来たシェルドン、望みを捨ててはいませんでしたが、やはりミランダの姿はありませんでした。

そこへ。。。

(お疲れ様でした、詳細終了)

長々と書きましたが、それでも見どころは俳優たちのちょっとした表情とか、ちょっとした演出の工夫とかそういうところだと思うんです。特にシェルドンの放射線治療の時の表情が、そのときどきの心の内を語りだしており、秀逸だと感じました。ミランダと出会ってウキウキ、でも末期ガンなんて、悲しい思いをしなくちゃいけなんだ、やっぱりイヤだなあ。。。たぶんシェルドンの立場なら8割くらいの人が思ってしまいそうな正直な気持ちを、すべて放射線治療の表情一つで演技してしまいます、巧いです。

それと、サラちゃん失踪事件について。この緊迫感も良かったですねえ~。『クリミナル・マインド』か『ウィズアウト・ア・トレイス』を見ている気分!

この傑作エピを書いたのは、ガブリエル・リャナス。クレジットからしてまだ経験の浅い、ヒスパニック系の女性でしょう。黒人女性の番組クリエーター、ションダ・ライムズが、ヒスパニック系の女性脚本家を起用する、なんといい話。白人優位のハリウッドでこういうマイノリティ同士が連帯するのが嬉しいですね。アカデミー賞もエミー賞も脚本賞は白人の、しかも男性ばっかりでしょ、あれ、おかしいと思うんです。見てる方は脚本家の肌の色なんてどうでもいいんだから。このリャナスさん、ロマンスあり、ハラハラあり、これだけの脚本を書けるのだから、今後の期待の星ではないでしょうか。きっと『グレイズ・アナトミー』でも書きそうだから、また楽しみが増えたなあ。

PPSheldon2
イケてきた?
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

『Glee』シーズン4 あっぱれ!見事な再スタート

『Glee』シーズン4を見ています。タイトルどおり、アッパレ!

GleeSeason4
新生ニューディレクション。右端が“ニュー・レイチェル”ことマーリー役のメリッサ・ベノア(この写真、変だけど)

『Glee』の昨シーズン、何人かのGlee部員が高校卒業を迎え、NYADAに合格したレイチェルがニューヨークで新しい生活を始めるというところで終了しました。シーズン1では爆発的な人気を呼び、社会現象的にもなりましたが、シーズン2で早くも勢い失速、シーズン3も同じ調子、これでレイチェルやカートが高校卒業なんて、どうなるの?と思っていました。終わりも近いかなと思ったり。

ところが! シーズン4を見始めて前言撤回。立て直しが上手く進んでいるのです。たぶんシーズン1を見ていた人で、私のように段々減速してきた人も納得しちゃうかも~、と思うくらいの出来。

シーズン4第1話のタイトルは「New Rachel」。もちろん、レイチェルが卒業後のND新エースを探すという意味だと思いますね、私のような凡人は。そして新エースに名乗りを上げるのが、残りのティナやブレイン、そして昨シーズンは他校の生徒だった、ウエイド(写真左端の、ま、おかまちゃんですわね)…。加えて、新部員のためのオーディションも行います。全国大会を制し、いまや学校の人気者となった(似合わねー)NDですので、たくさんの候補者が集まりました。目だったのはマーリー(写真右端)とジェイク。素行に問題があるジェイクはさておき、マーリーがNDの新部員に迎えられました。

そして、今年の『Glee』はニューヨークのストーリーも同時展開します。NYADAで意地悪なコーチ(ケイト・ハドソン)にいびられるレイチェル。優しい先輩のブロディに慰めてもらいますが、ホームシックも重なり、どん底状態。歌のクラスでうまく歌えたねと誉めてくれたブロディに、レイチェルは「あの歌以外に、NYに来て良かったことは一つもない」と嘆きます。そんなレイチェルにブロディは「君はNYに、“進歩した君、新しい君”になるために来たんだろ。これまでの君に、新しい何かを加えていけばいいじゃないか」と慰めるのです。そうですね、“ニュー・レイチェル”とは新部員のことだけじゃありません、レイチェル自身、NYで新しく生まれ変わるという意味もあったのです。

ああ、また書いちゃったネタバレ。

正直、この第一話は途中まで結構退屈で(ああ、『Glee』…)て感じでしたが、終盤二人のレイチェル?で盛り上がっていったと思います。最後の歌のシーンは圧巻ダ!

この1話目以降のストーリーがすごく気に入っています。第2話の「Britney 2.0」は、何年か前のブリトニー・スピアーズ騒動を覚えてるゴシップ好きの人なら小ネタ満載で爆笑、さらに第3話の「Makeover」では、サラ・ジェシカ・パーカーがゲスト出演です。なんとカートの上司役。久々に『セックス・アンド・ザ・シティ』を思い出すような、悩みいっぱいのSJPが見れて嬉しかった。SJPをいい役で使ってくれて、『Glee』の人、ありがとう。ええと、その後は…まだ、見てないわ。

高校生活とNYの生活と、二つを同時進行させて、新しい顔が新しいドラマを、そしておなじみの顔が新しい場所で新しいドラマを作っている。下手にスピンオフなどさせずに、一つにまとめておいて良かった。成功したと言っていいと思います。

しかし、どんなに誉めてもまた毒を書いておこう、それは
1.オリジナルのレギュラーキャストは別に引っ張らなくても…。シーズン2のときは惜しいと思ったけど、もうシーズン4だし。人が入れ替わるのがTVドラマなんだからさ!
2.新レイチェルは元祖レイチェルよりも可愛いけれど、やっぱり元祖の爆発パワーには負ける。レイチェルとメルセデスの抜けたNDは、あきらかにパワー不足。サンタナもいないしね。。。

気になることもありますが、それでも、学園物にありがちな“卒業後”問題を無事クリアしたことは素晴らしい。再スタートが好発進となった『Glee』は、長寿化の可能性さえ見えてきたのでないでしょうか。オメデトウ。

追加:カートが大人の男子?になってきてビックリ!美しく成長してて、おばちゃんも感激。
GleeKurtS4

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。