海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作のパワー感じる女性刑事ドラマ『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』

R&I

去年から書かなきゃと思っていた、この刑事ドラマをやっと書くことにします。米ではシーズン2が始まったばかり。『クローザー』の次という願ってもない時間帯に放送しています。そんだけ“ポスト・クローザー”な期待を寄せられているんでしょうね。その期待に答え、ケーブル局(TNT)の番組の中では『クローザー』に次ぐ視聴率を得ています。

舞台はボストン。実際にはどこで撮影しているのか知りませんが、大都会NYとも、陽気なLAとも違う、古風で趣のある街のムードを全面に出しています。女刑事のジェーン・リゾーリ(アンジー・ハーモン)は、イタリア系の家族に囲まれ、うるさいお母ちゃん(ロレイン・ブラッコ)に悩まされながらも、刑事という仕事に使命感を燃やしています。そんな彼女も刑事を辞めようと思ったことがあるといいます、連続殺人犯のホイトに拉致されたときです。その傷跡を残したまま、復職しているリゾーリの親友は検視官のアイルス(サーシャ・アレキサンダー)。頭脳明晰で、専門用語で相手を煙に巻くのが玉にキズ。そのアイルスは、リゾーリに「タートル(水ガメ)を飼ってる」といわれると、「いや正式には、トータス(陸ガメ)なんだけど」と答えてしまうオタクではありますが、家にいるときでも「写真撮影会みたいな服装(リゾーリ談)」というライフスタイルを好むお洒落な女性でもあります。

リゾーリが公私で頼りにするアイルス。常識離れしているアイルスなので、リゾーリはしばしばあきれてしまいますが、それでもそんな正反対だからかえって合うのかも。プロ意識の高い二人は協力して、難事件を解決していきます…。

ここまで、まずまずな設定ではありますが、よくある設定とも言えなくもない(例:『女捜査官グレイス』)。けれど、このドラマが人気を得ているのは、人気推理小説が原作であるから、というのも大きいと思います。

私は読んでないので申し訳ないですが、テス・ジェリッツェンなる女性作家の『The Surgeon』という推理小説が、下敷きになっているらしい。リゾーリとアイルスを誕生させたこの小説は、以降、シリーズとして次々二人のコンビで新作を発表していってるらしいです。(サンクス、ウィキペディア!)

で、思うに。やっぱり原作があるって良いですね。一人の作家によって筋が練られているから、ドラマはそれに完全には従わないにしても、なんていうか“教科書”や“マニュアル”みたいなもん。いつでもそこに戻って考え直すことができる。たぶん演じてるアクターもクリエーターも、原作のイメージがあるので、迷いが少なかったのではないでしょうか。

シーズン1の最初は凶悪事件連発で、どんな街だ、ボストンは!って思いました。原作を元にすると、どうしても大事件になってしまうんでしょうね。シーズン2はキャラも成長してくるし、うまく続いてほしいと思います。リゾーリ家のファミリードラマもほのぼのおもしろいし、アイルスの素ボケもいい。アイルスは『ボーンズ』のテンペランスと似た感じのキャラ。そういえば、このドラマは、『ボーンズ』の登場人物が、もう10歳くらい歳とった感じかもね。リゾーリのファミリーが、テンペランスのラボの連中といえます。

シーズン2はまだ見てませんが、願わくば、時に渋く、時にイラつかせてそれを楽しんでるような大人の男性キャラがほしい。単に恋愛関係になるだけじゃない、なんかね、ちょっと男性が弱いから、このドラマ。それだけが私の注文です。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

なでしこジャパン、おめでとう

なでしこ

なでしこジャパン、世界一おめでとうございます。

アメリカでも、女子W杯、盛り上がりましたよ。スターFWのワンバックや美形GKのソロら人気選手の存在と、勝ち進んだおかげで、W杯の注目度はどんどん高まっていました。オバマ一家もホワイトハウスから観戦してましたね。

今日の決勝戦では、世界中が日本を応援しているのは分かっているけれど米国が勝つ、というのが試合前の米国内の反応だったと思います。実際、過去の対戦成績からして、米国はある程度、勝利を確信していたでしょう。

試合は、LA時間の午前11時開始という、願ってもない時間帯。試合が始まると前半は圧倒的に米国が押しましたね。ドイツには大きな米軍基地があるためか、会場は米国寄り。日ごろ米国寄りの私でさえ、珍しく“米国憎し”でした(今は笑い話ですが)。

試合内容は書いてもしかたないし、省略。
私も日本に勝ってほしい、、、と思ってましたが、さすがに優勝の瞬間は信じられませんでした。アメリカ人も逆の意味で信じられなかったでしょう。。。

試合後、友だちとお茶しに外に出ました。スポーツバーでは皆で観戦していたようですが、私たちが行ったときには、もうひっそりしていました(米が負けたからね)。その後、インターネットをチェック。ESPNやらNYタイムズやら読みましたが、記事も一般のコメントもほとんどが、日本が素晴らしい戦いをしたこと、優勝に値する戦い方をしたこと、そして震災があったのだからこうした最高の出来事があって良かったと書いていました。米チームにはがっかりというコメントもありましたが、どっちのチームも良く頑張った、男子と違って反則狙いのプレーをしなかった、女子の試合で史上最高の一戦だったというコメントもよく見ました。

震災があっても、日本チームが普通の戦いだったら、ここまで賞賛されてなかったでしょう。体のハンデもなんの、2度もリードされてから同点に追いついた、決してあきらめない戦いだったから、世界中の人に感動と敬意を送られているのです。

米の選手たちも日本を称えていましたが、特にGKソロは「自分たちも心から勝ちたいと願っていたけれど…。だけど、どうしてもどこかのチームに勝ちを譲るとしたら日本だったわ」と声を震わせながら語っていたのが印象的でした。

また選手に関して賞賛されていたのは、やっぱりサワ選手ですね。特にあのデマオフサイドを取られたパスプレー、そして2点目の絶妙なゴール。パスに関して、元米代表のチャスティンが「サワは素晴らしい(フィールド)ヴィジョンを持っている」と絶賛していました。他に一点目のミヤマ選手、最後のPKを決めたクマガイ選手も誉められていました。あと、もちろんGKのカイホリ選手も! 昔の選手のコメントで「(W杯で)一回PKを止めたらヒーローになる、二回止めたら銅像が立つ」というのがあるそうです。カイホリ選手の銅像は立つんでしょうか(笑)。

そして、私はアメリカにいるので、米チームも称えたい。要所で決めた最年少のモーガンら若手も育っていますから、これからも米国女子サッカーは強いはず。白人女子が活躍すると、米国内の注目度は高いのです。

ロンドン五輪では、再び日米の対決に期待します。なでしこジャパンには、アジアの中でうんぬんといわないで、米国、ブラジルあたりをライバルと呼んでください。

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。