海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『The Pacific』日本人には気分悪いが、反戦メッセージの優れたミニシリーズ

The Pacific

HBOの大作ミニシリーズ『The Pacific』を見ています。スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスという『Band Of Brothers』の2人が再タッグを組んだ話題作で、パールハーバー以降、アメリカが第二次世界大戦に参戦した日米の戦い、太平洋戦争を舞台に描きます。

前もってお断りしますが、私は全10話中4話までを見て書いています。すでに放送は終わっていて、最終話がとても良いとのレビューをいくつか読みました。あ、賛辞ってもアメリカ人から評判が良いということで、私(日本人)にとっては気分悪いことになりかねませんよ。

主人公は実在する人物、ロバート・レッキー(「24」のジェームズ・バッジ・デール)、ユージン・スレッジ(ジョセフ・マゼロ)、ジョン・バジロン(ジョン・セダ)の3人の元海兵隊の話が中心になって描かれます。原作はレッキーとスレッジの太平洋戦争のそれぞれの回顧録を脚本にまとめたようです。

全10話のうち、1と2話ではレッキーたちが入隊し、ガダルカナル島で日本軍と戦う姿が描かれます。3話ではガダルカナルで死闘を繰り広げたレッキーとバジロンたちが、豪メルボルンでつかの間の休暇と女性を楽しむ姿が、そして4話では西部ニューブリテン島の戦いとレッキーの一時離脱が描かれています。その後は、硫黄島や沖縄を舞台とした戦いから日本降伏までが描かれているようです。

回顧録が原作ですから、描かれているエピソードは実話が主なのでしょう。かといってこれで歴史を学ぶことはできません。歴史の流れを知りたいなら、歴史家が書いた本を読むべきでしょう。このミニシリーズで描かれているのは、米兵たちの戦場での毎日と、その心の動きです。

このブログを書く前に、日本のウィキペディアで“ガダルカナル”と引いてみましたが、ミニシリーズで描かれているよりずっと戦いは複雑だったと分かりました(当たり前なんだろうけど)。熾烈な戦いだったと聞いたことがありますが、戦場の悲惨さは想像以上。こうした状況描写は映像にかなうものはありませんね。

ストーリーに対する感想を書く前に、日本兵の描き方について書いておきましょう。日本人にはこのミニシリーズは少々キツイと思います。日本兵は、「アグリー・イエロー・モンキー」(劇中より)。「ジャップ」という言葉をこれほど連発して映画やTVで聞いたことはありません。また、日本兵は弾が前から飛んでくるのに、一直線に米兵に向かっていく単細胞に描かれています。さすがに、この描き方には日本人ならムナクソが悪い。原作となった回顧録では、米兵の視点からは日本兵がこんなふうに見えたということでしょうか?

4話まで見て、このミニシリーズは間違いなく反戦のメッセージが込められていると感じました。戦争映画といえば、“勧善懲悪”がお約束です。このミニシリーズでは日本兵の描き方はステレオタイプで相当酷いですが、かといって日本兵が極悪人に描かれているかといえば、それも違います。敵であることは間違いないですが、おそらくは「Wrong Place, Wrong Time」、つまり間違った時代に間違った国に生まれてしまったため、たまたま戦っているというように見えるのです。

米兵たちは、日本兵の死体の山を見ても笑顔はありません。「醜い黄色い猿」だとしても人の命を奪ってしまったことに苦々しさを感じます。日本兵の持ち物から母親と一緒に写した写真を見つけ、やはり心が痛みます。そして、米軍が完全優位な戦いを進めていると感じ、「もはや日本軍が敵ではない。敵はこのジャングルと雨だ」と、ただただシンプルに戦場にいることの苦しみを語ります。

「君たちは母国ではヒーローなんだよ」と誉められても、人殺しをして誉められていることに心中は複雑です。主人公の1人は、最も名誉ある勲章をもらいますが、友の犠牲によって得た勲章に何の価値も見出せません。

TVゲームの戦争ゲームで人は殺せるかもしれませんが、ジャングルの不快さも、愛する人にも会えない寂しさも、画面に向かっているだけでは決して経験できません。戦争の醜い部分をしっかりと、このミニシリーズは描いています。

反戦のメッセージは伝わるでしょう。ただし米兵の回顧録とはいえ、あまりにも一側面からしか描いていないがために、日本人が見ればアンフェアな作りに見えます。それとも私たちがナチス・ドイツの映画を見ても、今のドイツに偏見を抱かないのと同じで、全世界の大部分はこのミニシリーズを見ても、日本に対する見方を変えることなんてないのかもしれません。

最後まで見てみることにします。主人公らが終戦を迎え、どのような感情を見せるのか? 日本兵はやっぱり「醜い黄色い猿」のままでしょうか? それによって、今の私の落胆は取り消されるか、もっと深く沈むのか、どちらかになると思います。
「『The Pacific』最後まで見てみた(見る予定の方は読禁)」に続く
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: HBO ThePacific

『グレイズ・アナトミー』シーズン6 たまに出てくる、ちょっといいエピ

グレイズ・アナトミー』シーズン6もシーズン最終回が近づいてきました。終わり間際になって、またしてもいいエピソードが放送されたんで書いておきます。超ネタバレ。

そのいいエピの前に、まず、ずっと書いていたスローン娘(レヴィン・ランビン)の赤ちゃんのことを書いておきましょうね。「Hook, Line and Sinner」でついに、スローン孫が誕生しました。おじいちゃんとなったマークの目じりは下がりっぱなしですが、赤ちゃんの行方はいかに?。あと、スローン娘が相変わらず、どこにも行くところがないとダダをこねるので、シーズン7にも出番があるのかもしれませんね。結構Wスローンはいい感じなので、来シーズンも出てほしい。
Wsloan

そして、シーズン6のベスト3エピソード、「I Saw What I Saw」「The Time Warp」に続くのが、「How Insensitive」です。

シアトル・グレイス病院でベイリーがレジデンツを集めて簡易セミナーを開いています。チーフ・シェパード(!)から患者への“sensitivity”(気遣い)トレーニングを行うように指示があったのです。

患者への気遣いとして、出来事に対して反応を示さないこと、顔の表情をなくすこと、そして患者に対するジョークは病室内外で禁止だといいます。

レジデンツたちがセミナーを受けているころ、デレクは巨漢患者を受け入れる準備に大忙し。この廊下で通れるのか、エレベーターは持ちこたえられるのか? 

患者は胃の痛みを訴える700lbs.(317キログラム)の男性でした。レジデントのエブリーは「象だな」と口にして、クリスティーナは「Fat」という単語をうっかり使って、それぞれ担当をはずされました。気遣いトレーニングは、このためにあったのです。(この後、レキシーは奥さんが妊娠していると言うのを聞いて「どうやって?」と口走ってしまい、当然外されました)

しかし巨漢患者はジョーク好き。奥さんと一緒にジョークを飛ばすのですが、気遣いトレーニングを受けた医師たちは、表情をなくしたまま、誰も反応しません。「難しい連中だなあ」と巨漢患者はがっかりです。

その頃、デレクは弁護士と話し合っていました。シェパードは数週間前に、安楽死させた患者のことで訴訟を起こされかかっているのです。

巨漢患者の担当を外されたエブリーとクリスティーナは、テディの急患を手伝います。急患は心臓発作を起こした女性でした。彼女には9歳の娘がいます。父親が来るまで、面倒を見るようクリスティーナに頼みましたが、クリスティーナは、そういうことを一番頼んじゃいけないタイプ。「アイスクリームでも食べてなさいよ」と子どもにお金を放りなげる始末。

巨漢患者は胃痛よりもずっと症状は悪かったのです。生きるために手術が必要ということになります。医師たちが話し合いを進める中、訴訟騒ぎで疲れきったデレクは「リスクが大きすぎる、もううちでは引き受けない」とサジを投げてしまいます。医師たちは一同あきれてしまいますが、このあとリチャードにたしなめられ、デレクは翻意します。

カフェテリアで巨漢患者のセックスについてジョークを飛ばしていた、メレディスやアレックスたちは、その会話を偶然患者の奥さんに聞かれてしまいます。奥さんは激怒。気遣いトレーニングは全く生かされてません。

巨漢患者に手術について説明するリチャードとベイリーですが、リスクの大きい手術と聞き、患者は手術を拒否します。「もういろいろ(減量の)努力をしたんだ。トイレにも1人で行けない奴に父親になる資格なんてない。子どもが大きくなる前に死にたい」という患者の言葉をアレックスは苦々しく聞いていました。
bigguy

クリスティーナは、つきまとう?子どもにうんざりですが、母親の病状を心配する子どもに自分の父親が事故に遭った話をして聞かせるなど、少しずつができてきました。テディがオペ室に入るよう声をかけますが、なんとクリスティーナは子どもと一緒にいることを選びます。

アレックスは奥さんと2人になり、カフェテリアでの出来事を謝ろうとしますが、奥さんは「彼はあなたたちを笑わせようと思ってるのに、あなたたちはムスっとして笑おうともしない。ジョークは彼を普通の人間だと思わせてくれるの。ここに来たら良くなると思ってきたのに、あなたたち、彼を余計に悪くしてるじゃない」と非難します。

そして意を決したアレックスは、巨漢患者の病室へ向かいます。
巨漢患者は「オレを運び出すのにフォークリフトを用意したか?」と早速ジョークを飛ばし、アレックスも「貨物配送場に来てると思うよ。あとは君を転がして送り出すだけだ」と禁句のジョークで応戦します。
そしてアレックスは「太りすぎて、家から出れなくなった奴のことをなんて言うか知ってる?」と問いかけます。
笑いながら「何ていうんだ?」と聞く患者に、アレックスは「死体だよ」と答えます。
凍りつく患者。
アレックス「それとも自分勝手っていうのかな。だって700lbs.の山を奥さんに片付けろって残していくんだろ」
もう笑ってない患者。
アレックス「今日は冗談を言わないように、遠慮ばっかりでごめんね。だけど君は自分のことを太ってるってジョークの種にするのはやめろよ。君はカウチに座って、そのまま死にたいのかもしれないけど、前を見てみろよ。君の奥さんはもっと幸せになるに値するだろ。手術が失敗しても、少なくとも君は挑戦しただろう。奥さんは子どもに君が挑戦したって言えるじゃないか」

そしてデレク。相手側と弁護士もまじえ話し合いがもたれます。安楽死させた患者の夫は感情的になり崩れます。静観できないデレクに、弁護士は決して謝ってはいけないとアドバイスします。帰っていくその夫にデレクは声をかけてやりたいのですが、弁護士は許してくれません。「あなたは優しい人ですが、彼は悲しみに沈んでいるだけなのです。彼は病院を訴えることはできないでしょう。声をかけたいでしょうが、黙っていてください。彼を救えるかもしれませんが、病院のためにはなりません」と弁護士はデレクに思いとどまらせるのです。

気遣いトレーニング…「気遣い」と言えば聞こえはいいですが、言い換えれば「事なかれ」な態度。患者との間に余計な感情を生まないために、医師は表面を取り繕うような言動に徹しないといけないのでしょうか? 

遠慮がちな態度を解き、心からの言葉を投げることで巨漢患者の気持ちを変えさせたアレックス、
人生で一番辛い瞬間を、心からの言葉で接することで少女に心の準備をさせたクリスティーナ、
その反対に、最愛の妻を亡くし悲しみにくれる夫に、心からの言葉をかけることができず苦しむデレク。

これって、医師と患者の関係だけではないですね。全ての人間関係に当てはまります。親子・夫婦・友人・職場。「気遣い」とは本当に相手のためを思うものなのでしょうか、それともトラブルを起こさないよう自分を守るため? 気の使いすぎは、時にかえって相手の居心地を悪くさせるものです。(2010年10月4日ちょっと改正)

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: グレイズ・アナトミー ABC

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。