海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の時代のベストドラマ『ER』

ER

私の年代で、海外ドラマ好きっていうと、それでもって、「ベストドラマは何?」って聞かれると、まあ、いろいろ意見はあるでしょうね。『ザ・ソプラノズ』とか『セックス・アンド・ザ・シティ』とか。どこかで『ビバリーヒルズ高校白書』とも書いたなあ。あくまでも『高校』編よ、『青春』編じゃなくてよ。シャナンがいたときのみなのよ。

けれど、今の気持ち、いやたぶんずっと、ベストドラマは『ER』しかない。これからずっとって言えるのは、ネットワークのドラマがどんどん変わりつつある今だからこそ、断言できる。

シカゴ郡立病院の救急病棟を舞台にした若手医師たちの日々のドラマ。写真(© NBC Universal, Inc.)は、94年番組がスタートした当時のオリジナルキャストが勢ぞろいしたところ。映画『トップガン』アンソニー・エドワーズをのぞけば、なんと売れない役者の面々。ロス先生(ジョージ・クルーニー)だって、最初はただの濃い人だったよ。

そんな、そのへんにいるような役者を、マイケル・クライトン、スピルバーグらがよってたかって、お金と時間を彼らの才能をもって、ワーナーブラザーズのスタジオで開花させたんだな。一般の視聴者には不必要なまでの手術シーンに専門用語、途切れないシーンが役者のぎりぎりの緊張感を生み出す。当時は日本にいたから知らないけど、最初、NHKで見たときは何てドラマだと思ったよ。

15年もやったんだから、ネタは確かに繰り返され、私も途中見ない時期があった。ノア・ワイリーやエリック・ラサルに一話何千万円から億のギャラってどうよと、思ったりもしたものだ。今考えてもその価値はなかったと思う。

出演者はシェリー・ストリングフィールドやジュリアナ・マルグリースの長身組から、女性キャラがモーラ・ティアーニ、リンダ・カルデリーニ、パーミンダー・ナグラら小柄な女優に、ほぼ一斉に替わった。意外かもしれないが、ジョン・ステイモスやスコット・グリムスは、後期の『ER』を救った男性医師だ。彼らのメディア・アテンションは最初の頃よりずっと低かったけれど、彼らはオリジナル・キャストに負けない、好ましいキャラクターに成長していったと思う。

興奮しちゃって、段落が前後してしまうけど、『ER』は最近のドラマで多くなったプロダクト・リプレイスメントをやらないドラマの一本だった。PRっていうのは、『Trust Me』なんてやりすぎでひんしゅくだったけど、番組中に主人公がスタバのコーヒーを飲んでたり、よくあるのは車のロゴが映ったりするやつである。もちろん全部、お金をもらってやってるわけ。映画でもかなり登場している。製作費(ギャラ含む)が高騰しているわけで、仕方ないことかもしれないが、クオリティのあるドラマがやることだとは思えない。『ER』で、PRが全然なかったかどうかは分からないが、あからさまにはやっていないはずだ。

あと、HBOやSHOWTIMEあたりで、エミー賞を取るようないいドラマを作るのはある意味当然だ。広告スポンサーがおらず、放送禁止の言葉もない、表現もない。すべてはクリエーターの思うままだからだ。見てる人が基本的に少ないから苦情の絶対数も少ないだろう。ところが、『ER』はがちがちの大手ネットワークNBCの製作で、スポンサーもうるさければ、お化け視聴率はあちこちの視聴者・団体の厳しい批評にさらされやすい。そんな中で、あれほどのアグレッシブなドラマを作り出したのだから、その勇気は敬意を持って語り継がれるべきだ。

ネットワークのドラマも、ケーブル局のドラマも質は上がっている。けれど『ER』ほど手の込んだドラマを、気品を持って作り続ける余裕は、今の時代、もうありえないのではないか。

ミーハーな考えだが、『ER』を見て、医療現場を志した人の数は全世界に計り知りえないだろう。医者になって得なことは一つもないような『ER』のストーリーだったのに。人の役に立ちたい、という気持ちは、本当は誰の心にもあるんだな。それが『ER』が15年も続かせた最大の理由なのだろう。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

信じられない、このドラマは打ち切りとは!『Trust Me』

Trust Me

2008?2009年もいろんなドラマが打ち切りになっちゃった様子。一年を通せば、次のシーズンに続くドラマよりもキャンセルになる方が多いのだから、仕方ないにしても、このドラマだけは悔しんです、TNTの『Trust Me』。TNTの看板番組『ザ・クローザー』のクリエーターのドラマなんだからさ、ごねて欲しかった。もう一シーズンやらせろと。

舞台はシカゴの大手広告代理店。メイソン(エリック・マコーミック)はデザイナー、コナー(トーマス・キャバナー)はコピーライターです。二人はコンビでさまざまなCMを世に送り出してきました。ところが、上司の突然の自殺で大騒ぎ。メイソンの出世に、取り残されるコナー、そして新しく入ってきた優秀だけども頭の固いサラ(モニカ・ポッター)も、一つ二つ悶着を起こします。

だいたい広告代理店が舞台ってまれだと思う。日本のトレンディドラマ(!)だと、主人公が広告マンでっていうのは結構あったけど、アメリカでは意外にない?このドラマも『MADMEN/マッドメン』のヒットに影響受けてるのはあるんだろうけど、あっちは60年代だからね。『Trust Me』とは全く別物。

まあ、そんな広告代理店のドラマは、もちろん、恋愛とかメイソンの家族(奥さんは『24』のサラ・クラークだったり)の話とかもあるけど、ほぼ全編、ストーリーは広告業界のことなんです。ドラマディだから、がちがちなわけではないけど、クリエーターたちがしのぎを削るとことか、盗った盗られたとか、クライアントをあの手この手でなだめたりと、そんなとこが詳細に描かれます。

警察署でも病院でも、UFOの中でもないわけでさ、それが新鮮。

主演のマコーミック、キャバナーともうコメディでは心配ご無用の二人ですから、掛け合いもばっちり。ポッター、クラークと女性も美形を揃えた、広告代理店らしい?ドラマでした。それなのに打ち切りなんて。。。。無常。

どこがどうダメだったか、私にはとても見つけられません。あるとしたら、犯罪ドラマじゃないと数字は取れないってこと? このドラマがダメだったら、クリエーターはもうドラマディ作るのちゅうちょしますよね。

もうちょっとTNTは我慢して欲しかったです。

(写真:A Time Warner Company. All Rights Reserved.)

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。