海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極のおせっかいやき?『The Cleaner』

the cleaner

酒井のりピーさんをはじめ、日本のドラッグ熱も高まってまいりましたが、アメリカはそんな比じゃないことはあきらかですね。なんたって、オバマさんだって、以前、コカインを吸ってたことを自伝で告白してるんですから。やべえやべえ。

あんまりいい前説でもないですが、ストレス社会だからってわけなのか、いろんなことにアディクトしちゃう人が急増しているよう。addictっていうのは中毒とか依存症って意味ですね。中毒になるのは、別に薬物だけじゃなくて、お酒、たばこ、セックス、運動、たぶん仕事も入るでしょう。なんでもです。

けど、どんなことだって中毒になるのは良くない。それで、その中毒から助けを求める人を救ってあげようというドラマがこの『The Cleaner』です。

このドラマの主人公は、元薬物中毒者のウィリアム・バンクス(ベンジャミン・ブラット)。ウィリアムは、アカニ(グレイス・パーク)、スウェントン(エステバン・パウェル)と一緒にチームを組み、日々、中毒患者の家族らからの助けに応じます。しかし、この半分ボランティアな活動に休みはありません。熱中するあまり、ウィリアムは家族から愛想つかされちゃったりして。それで奥さんと別居中にアカニと関係しちゃったりで、それはそれで面倒なことになってます、ちょっとだけ。

ちなみにこのウィリアムにはモデルがいて、そのおっさんは、ウォレン・ボイドさん。ドラマの舞台と同じ、ロサンゼルスで今も活動しています。実話なんて凄いですね。“究極のおせっかいやき”と関西のおばちゃんみたいに自称してるようです。ただし、チームのこととか、家族のこととかその辺はよく知りません。

なぜ、ウィリアムがこんなことをしてるかというと、タダー“神のおつげ”。アメリカだな?、結局、これに落ち着いちゃうわけで。そんなわけで、ウィリアムは、しょちゅう神と対話しています。この辺は日本人には分からないところ(というか無宗教の私には)ですが、ウィリアムはたとえ、お金がもらえなくても、中毒を救うことは、決して断らない(本人がやる気のある限り)という主義なので、やっぱり“神”とか、そういう究極の理由付けがないと、ウィリアムのやってることはとてもウサン臭くなります。ってことでしょうね。

シーズン1にはアイゼア・ワシントン(『グレイズ・アナトミー』)がゲスト出演しました。アイゼアは正攻法の中毒治療カウンセラーという役でしたが、そのアイゼアとウィリアムは患者を取り合う?みたいな形になってしまいます。結局ウィリアムが勝つんですが、アイゼアから「お前は神から神託を受けたというけれど、じゃあ、なんでお前とオレの成功率が同じなんだよ」と痛いところをつかれます。そう、ウィリアムも全員を救えているわけではありません。

この番組はブルースっぽい音楽の使い方とか、ウィリアムが不機嫌にキレたりする、そういう人間臭いとこ好きですね。あと、韓国系カナダ人のグレイス・パーク(『バトルスター・ギャラクティカ』)が日系人役を演じてます。サンフランシスコに“Obaa-chan”がいて、お父さんは大阪でボクシングジムを経営していたようです。じゃあ、アカニじゃなくて“茜”だろうと思いますけどね、どうでもいいか。

と、こんな番組もシーズン2で打ち切りだそうです。ちょっと不思議。完全にB級のドラマだけど、わりと好きでしたけどね。この手の中毒患者ものは、リアリティーショーくらいでやるのがいいということかな。確かにリアルにも思えなかったし、刺激も薄かったかもしれない、テーマのわりに。ベンジャミン・ブラット、めちゃかっこいいので、近いうちに又どこかで出てくださいね。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。