海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察+ファミリードラマ 堅実な展開で無理がない『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』

ブルーブラッド

米のTV界で金曜夜は墓場扱いされています。みんなお出かけして、誰も家でテレビなんて見てないからです。必然的に、つまんないドラマ(『ミディアム』とか、爆)が集められます。

新ドラマ『Blue Blood』(邦題『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』)もそんな墓場、金曜10時に押し込められたドラマです。しかし始まってみれば、大善戦。しかも毎週安定した視聴者を集めていて、この秋のヒットドラマの一本になりました。金曜10時にTVドラマを見ている視聴者の年代は、かなり高いですがその層に適した編成をしたCBSの勝利。というか、この番組はどこの曜日においても視聴率を稼げるでしょう。とても良い出来です。

リーガン一家が、NY市警のポリスアカデミーの卒業式に向かいます。卒業するのは一家の末っ子(三男)で、ハーバード・ロースクール出の秀才ジェイミー(ウィル・エステス)。卒業式で訓示の言葉を贈ったのは、リーガン一家の中心で、ジェイミーの父親、フランク(トム・セレック)。フランクはNY市警のトップ、警察本部長です。フランクの父、ヘンリー(レン・キャリオー、『ダメージ3』)も元本部長でした。長男ダニー(ドニー・ウォールバーグ)は刑事、長女のエリン(ブリジット・モイナハン)は地方検事補という法執行一家なのです。

リーガン一家の一人ひとりは個性的。ジェイミーは弁護士になると思われていたのに警官になってしまうし、ダニーの逮捕した犯人をエリンが訴追するわけですが、この二人の間にはケンカが絶えません。エリンは規則を無視しがちなダニーに頭にきてるのです。フランクとて、事件があるたび口を出すNY市長ら政治的な動きに悩まされています。

そんなあるとき、ジェイミーはFBIから声をかけられます。それはジェイミーの兄でリーガン一家の次男、故ジョーのことでした。ジョーはある団体について内偵捜査を進めていた矢先に殉職したのです。その団体とは…。

警察(刑事)ドラマに、家族の話を盛り込むのは珍しくないですが、このドラマは犯人探し(事件解決)とファミリードラマの部分が半々に描かれます。ファミリードラマといっても、『ブラザーズ&シスターズ』のようにコメディタッチの部分があるわけではなく、とにかく堅実にストーリーは展開していきます。無駄がない。そして肝心なことは、話に無理を感じないということです。

笑いもアクションもありませんが、それでいて地味に感じないのは、話に深みがある、もっと広がると思えるからです。もちろんトム・セレックやドニー、ブリジットらの安定した演技力も賞賛しないわけにはいきません。米ではトムはものすごく人気があるみたいですが、このドラマでちょっとだけ分かりました。

“警察版ソプラノズ”のPR文句を聞いて、HBOファンの私は、最初苦笑してしまいましたが、今ではそれも言いすぎではないと思うようになりました。『ザ・ソプラノズ』より良い出来だとは言いませんが、その重厚感は確かに感じます。どうかチープな方向へ下っていきませんように。この質感をどこまで保てるか見ものです。

追記)やばい、トム・セレックさん、渋い。かなりのオッサンなのに、イケすぎ。特に第9話「Redo」。ええい、お前のたわ言なんて、聞いてる耳持たんわ!って感じの強さが良い。ドニーにはまだまだまだ無理の域。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: CBS

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。