海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、更新してなかったら。。。。

最近、更新をしてなかったら、、、、
突然、広告がドンと載せられてて、びっくりしました。
こんなに書いてるのにヒドヒ~。
とはいっても最近書いてないから、仕方ありません。

今年はCWの秋の新番組スタートも遅いんですよ。
ここ数年は、8月下旬から始まってたのに、
今年は9月13日の週が最初だそうです。
その他のネットワークはそれより1週間遅れですから。

来月は書くのでぜひ読みに来てくださいね。
Lucky
スポンサーサイト

なでしこジャパン、おめでとう

なでしこ

なでしこジャパン、世界一おめでとうございます。

アメリカでも、女子W杯、盛り上がりましたよ。スターFWのワンバックや美形GKのソロら人気選手の存在と、勝ち進んだおかげで、W杯の注目度はどんどん高まっていました。オバマ一家もホワイトハウスから観戦してましたね。

今日の決勝戦では、世界中が日本を応援しているのは分かっているけれど米国が勝つ、というのが試合前の米国内の反応だったと思います。実際、過去の対戦成績からして、米国はある程度、勝利を確信していたでしょう。

試合は、LA時間の午前11時開始という、願ってもない時間帯。試合が始まると前半は圧倒的に米国が押しましたね。ドイツには大きな米軍基地があるためか、会場は米国寄り。日ごろ米国寄りの私でさえ、珍しく“米国憎し”でした(今は笑い話ですが)。

試合内容は書いてもしかたないし、省略。
私も日本に勝ってほしい、、、と思ってましたが、さすがに優勝の瞬間は信じられませんでした。アメリカ人も逆の意味で信じられなかったでしょう。。。

試合後、友だちとお茶しに外に出ました。スポーツバーでは皆で観戦していたようですが、私たちが行ったときには、もうひっそりしていました(米が負けたからね)。その後、インターネットをチェック。ESPNやらNYタイムズやら読みましたが、記事も一般のコメントもほとんどが、日本が素晴らしい戦いをしたこと、優勝に値する戦い方をしたこと、そして震災があったのだからこうした最高の出来事があって良かったと書いていました。米チームにはがっかりというコメントもありましたが、どっちのチームも良く頑張った、男子と違って反則狙いのプレーをしなかった、女子の試合で史上最高の一戦だったというコメントもよく見ました。

震災があっても、日本チームが普通の戦いだったら、ここまで賞賛されてなかったでしょう。体のハンデもなんの、2度もリードされてから同点に追いついた、決してあきらめない戦いだったから、世界中の人に感動と敬意を送られているのです。

米の選手たちも日本を称えていましたが、特にGKソロは「自分たちも心から勝ちたいと願っていたけれど…。だけど、どうしてもどこかのチームに勝ちを譲るとしたら日本だったわ」と声を震わせながら語っていたのが印象的でした。

また選手に関して賞賛されていたのは、やっぱりサワ選手ですね。特にあのデマオフサイドを取られたパスプレー、そして2点目の絶妙なゴール。パスに関して、元米代表のチャスティンが「サワは素晴らしい(フィールド)ヴィジョンを持っている」と絶賛していました。他に一点目のミヤマ選手、最後のPKを決めたクマガイ選手も誉められていました。あと、もちろんGKのカイホリ選手も! 昔の選手のコメントで「(W杯で)一回PKを止めたらヒーローになる、二回止めたら銅像が立つ」というのがあるそうです。カイホリ選手の銅像は立つんでしょうか(笑)。

そして、私はアメリカにいるので、米チームも称えたい。要所で決めた最年少のモーガンら若手も育っていますから、これからも米国女子サッカーは強いはず。白人女子が活躍すると、米国内の注目度は高いのです。

ロンドン五輪では、再び日米の対決に期待します。なでしこジャパンには、アジアの中でうんぬんといわないで、米国、ブラジルあたりをライバルと呼んでください。

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

ロイヤルウェディング 本当に幸せそうだね

ロイヤルウェディング
↑この口角上げの笑顔を見習いたいね

もちろん、書きます、ロイヤルウェディング!
アメリカでは異常なまでに盛り上がりました、ウィリアム王子とケイトさんの挙式。私も昨日の夜中、テレビをつけたら、ロンドンからの中継をやってて、(しまった、今夜、てか今朝だったんだ)と思い返しました。CBS,ABC,NBCと各ネットワークが競い合っていましたが、私はABCで、バーバラ・ウォルタースとダイアン・ソーヤーの夢の2ショット画面。そのABCはずっと“キャサリーン”って呼んでたので、最初、戸惑いましたね。ケイトっていうカジュアル名より本名でってことなんでしょうけど、キャサリーンさんって、ちょっと長いし、一気に年を取ったみたいな響き。

それにしてもケイトさん、キレイでしたね。なんか付き合い始めの10年位より、年取った今の方がキレイなくらい。特に結婚決まってから、輝くような美しさです。ウィリアムももちろん素敵ですが、父チャールズより薄い後頭部に(そろそろ、結婚あせったかもなあ)と勘ぐってしまいました。

ウィリアムは、ベストマンの弟ハリー(ヘンリー)と一緒にウェストミンスター寺院にやってきたわけですが、ツーショットを拝めたのは女性の方々にとって、至福の喜びだったでしょう。ハリーは終始おしゃべりしてたみたいに見えました。ケイトさんがお父さんと一緒に寺院の廊下を歩いているときも、振り返って、じーと直視。式が始まるまで花嫁を見ちゃいけないと振り向かないウィリアムに、ニヤニヤと何事か話しかけてましたね。(来た来た、かなり緊張してるみたいだよ)とかでしょうか。

この後ウィリアムとケイトさんが司祭の前に並んだとき、ウィリアムもケイトさんをほぐそうとだと思うけど、話しかけてました。細かいことですけど、こういう王室儀式のときにも私語しちゃうんだなと、しみじみ文化の違いを感じました。日本だったら、私語はおろか、笑顔もあやしいですけどね。

そのあと、ケイトさんの弟(24歳)が聖書の一節をスピーチしていました。こんな超VIPを前に、あんなに堂々として、ミドルトン一家は物怖じしない一家です。ケイトさんも、始終笑顔でいましたから。

TVによれば、ケイトさんは王室のバケーションにウィリアムの恋人として8年間参加していたそうです。つまり8年間、王室の生活を眺めていた、王室入りの準備期間だったといえるでしょう。えらい長い春だなーと一般人は思いますが、ウィリアムの母ダイアナさんは、20歳のときにチャールズと結婚し、早々に不仲になり、後は皆の知るとおり。英国王室としては、(失敗は繰り返さない)という決意で花嫁教育を行ったのでしょう。

それに応えたというか、動じなかったウィリアムとケイトさんも立派。式の後、二人はウィリアム運転のオープンカーで、新婚爆走?を果たしましたが、その幸せそうなこと。10年も付き合って、それでまだあんなに嬉しそうなんだから、よっぽど相性が良いのでしょうね。

アストンマーティン
↑これこれ、この時。ぼかぁー幸せだ、という素直な喜びでいっぱい

母ダイアナさんのお葬式で、父と弟と一緒に歩いていたとき、顔を上げることもできなかった、シャイで繊細で心優しいウィリアム。最愛の伴侶を得て、天国のダイアナさんもこれで一つ肩の荷が下りたと思っているはず。後はやんちゃハリーか…、ダイアナさんは、きっとため息。

日本も英国も、やっぱりロイヤルファミリーの話は楽しい。これからも、皆がハッピーになれるような話題提供をお願いします。

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。