海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LOST』最終シーズン、真田広之に感銘 日本人初のTVドラマ・スターいける

LOST season6

ブログを書くので、『LOST』最終シーズン、シーズン6の第一話を見直してみました。ほとんど全てのドラマは、(シリーズ/シーズン)第一話を見直すと、理解できなかった部分が「そうだったんだ」となるものですが、このドラマに関しては、そんな考え甘かった。何度見ても意味不明のままなんです。

以下、激しくネタバレです。

シーズン6の特徴は、なんと言っても“Flash Sideways”です。島での出来事と、もしもオーシャニック815便が墜落せずにロサンゼルスに無事到着していたら…という2つの世界を描いていること。このSidewaysが何を意味するのか、さっぱり分からないのですが、描かれているのは、どうもシーズン1のパイロット版で見た世界とは違っているのがミソ。ジャックに息子がいたり、ハーリーが幸せだったり、なんでデスモンドが815便に乗ってるのってのもある。先回りしてしまうと、道厳とジャックもSidewaysで出会っちゃったりで。 

Sidewaysはいったん置いておいて、また島の話。シーズン5は大感動の最終回で終わったわけですが(http://luckychachachala.blog66.fc2.com/blog-entry-8.html)、その続きから始まります。もしもダニエル&ジャックの計画がうまくいってれば、Sidewaysに話がそのまんまつながってたのにな、ってこと? 実際には計画通りにコトは進まなかったらしい。ただし、爆破の影響かなんか知りませんが、1977年から元の時代に戻ったようです。

この第一話でジュリエットが、まだ虫の息でソーヤーとラブシーンするんだけど、これはいらなかったよね。あんまりジュリエットが評判良かったんで、再登場させざるを得なかったんだろうけど、こんなんだったら、出なくてもいいわい。ジュリエット・ファンの私がそう思う。でもソーヤーは今のところ純愛を貫いてるので、ハッピー! 今シーズン、ソーヤー出番少ない気がする。

ロックについては、結局ベンが殺したって設定はそのままらしいですが、今度はロック=黒い煙=黒服の男ってこと? 黒服の男がベンをそそのかして、ジェイコブ(=島の守り役)を殺させたということですが、じゃあ黒服の男(今のロック)はジェイコブの敵? それでジェイコブの手下だったリチャードは今のロックについてゆくのを拒んだのかしら。じゃあ誰がジェイコブの役目を引き継ぐの? ソーヤー? まだ例のお化けが見えるハーリーが元のジェイコブと交信したるから、ハーリーだったり?

このシーズンでは“真田広之登場”のことを書かずにはいれませんね。1、2話の役かと思ったら、それがデカイ役なんだな。島の医療施設っていうのかテンプルの主、道厳役を演じている真田氏、どのくらい今後の謎解明にかかわるのは、分かりませんが、いろんな鍵を知っていそう。

最初の回では、ほとんど日本語で通していましたが、後の回になるに従い、英語ばかりになります。これまで、日本人俳優がTVドラマで英語の台詞をしゃべった中では一番うまいんじゃないでしょうか。真田氏は、20年以上前の色男時代から、歳を取ってきちゃったので、竹内結子が『FlashForward』に出たときのような、アメリカ人視聴者が「おお!」となる衝撃(http://luckychachachala.blog66.fc2.com/blog-entry-65.html)は巻き起こしていないようですが、逆に言えば、すんなり『LOST』に溶け込んでいるってこと。私は素晴らしいと思います。

sanada

『LOST』後は、きっとTVドラマの仕事が増えると思います。とても良い役者だと思いますが、どうしても映画だと渡辺謙氏や役所広司氏にはかなわない思うので、真田氏にはTVの方で頑張ってもらいたいです。やっぱりジャックとかと並ぶと、チイサイナーと思うんです。映画のサイズには難しいんじゃないでしょうか。TVなら、日系人俳優のジョージ・タケイのように、日本人役には、まず「サナダ」とキャスティングに挙がるようになったかもしれません。

前述のSidewaysに戻りますが、Sidewaysのおかげで過去キャラが再登場できたり、いい加減小汚くて、行き詰まり感のある島から抜け出せて、いい場面切り替えになっています。私はSidewaysの場面の方がむしろ好きだけど。この辺の気分転換的演出は、これまでの“Flash Forward”と似てるよね。

あれ?“Flash Forward”では、未来(島から帰ってきた後)を描き、現在の島は、現代の設定なんだよね。いや、島は未来の設定でいいんだっけ? じゃあ、島は何年なのでしょう???頭こんがらがり。

期待してたみたいな、謎全解明には(予測だけど)ならない気がしてきた。ある程度、ファンに自由に推測させる幅を持たせたってこと? ファンなら、そう考えてあげてもいいかもね。私は、シーズン2、3のころ行き当たりばったりに作ったツケだと思うけど。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

この悲劇はつらすぎます、涙の『LOST』5最終回

LOST5

毎週一生懸命見ても、完全に迷子になりました、私。『LOST』シーズン5って、どんだけ時代をあちこち行くねん。そんな文句もいっぱいありますが、相変わらず『LOST』はゾクゾクだよね。先週、シーズン5のフィナーレだったわけですが、“島が消えた”シーズン4のフィナーレに勝つ衝撃はこれしかないっていう終わり方だった。それに加えてさ、もう悲しくって悲しくって、いつまで経ってもまだ悲しい、『LOST』最大の悲劇も起こりましたとさ。(以降でネタバレ開始↓)

(再度忠告しますが、ネタバレあり→)今シーズンはですね、ベンが島を動かした際に時間軸がずれたため、島に残ったソーヤーたち(つまり、オーシャニック6以外)は、猛烈な頭痛と閃光と鋭いキーン音を伴う、時間移動を何度も経験します。ロックの命がけの働きで何とか時間移動に終止符が打たれましたが、最後に移動したのが1974年。ソーヤーやジュリエット、ジン、マイルスは、そのころ活発だったダーマ・イニシアティブの一員として、雇われることになりました。そんな時代にいても生きる術なしだし、どうせダーマに捕まってたし。それでも、それなりにみんな幸せだったんですよ、ダーマで。

だけど幸せ(特にソーヤー&ジュリエット)は続かず。なんでかというと、「島を救うためにオーシャニック6を島に呼び戻せ」というお告げが出たのです。リチャードから、じゃなくてロックから。てかロックって何者?(シーズン5を見れば、この意味分かります。いや、よく分かんないかもね、私は迷子)

(ずっとネタバレ中→)ダニエルの母エロイズに島に戻る方法を教わったジャックら一行は、よせばいいのに戻ってくることができました。ってことはケイトも一緒だ。このころから、ケイトの存在が、私、かなり胸騒ぎだったんですが、フィナーレでこう来るとは! 

ダニエルから、もろもろのこと(つまり『LOST』のドラマであった事ほぼ全て)の元凶はスワンにある。つまりスワンを爆破してしまえば、ジャックたちが島に墜落することもなく、みんな無事にLAに飛行機で到着しているはず…という説明を受け、その通り!と思ったジャックは、ダニエルの遺志を継ぎ、一度は埋めた水爆を取り出し、元凶スワン爆破に使おうとするわけですね。

それでね?、ああ、どこまで書けばいい? 私のカンニングペーパーは「iLOSTu」(http://4815162348.blog115.fc2.com/)、詳しくはそちらを見てください。ほんと、R.Yoさん、ありがとう。たくさんの日本人を迷子から救いますよ、あなた。

(ネタバレ戻る→)まあ、ダニエル&ジャックの計画はうまく進んだようでしたが、肝心なとこでうまくいかない。しかもスワンの磁場が突発し、ジュリエットはスワンの穴に引き込まれてしまう。懸命に引っ張ろうとするケイト。ソーヤーも必死でジュリエットの手をつかむのですが…。

おお、もうこんなブログってるだけで、涙。ダメ、書けない。『グレイズ・アナトミー』でイジーとジョージが死んでも大丈夫だったのに、なぜジュリエットでこんなに泣くのか、私ったら。一人だけでしょうか、この感覚?

ソーヤーとジュリエットはシーズン4までからは信じられませんが、愛し合っちゃうんですよ。ソーヤーも「成長したんだよ」と自分で認めるくらいに。それなのに、ケイトがさ、ジャックと同棲してたのにさ、まだソーヤーに未練たらたらで島に戻るからさ。

ケイトが悪人みたいに書いてる? そうじゃないんですけどね、もちろん。ただただ、ソーヤー&ジュリエットのカップルが好きだっただけ。ごめん、ケイト(うわべだけの謝罪)。

ソーヤーは戻ってきたケイトを見て、「参ったなー」モードだったけど、ついつい、この最終回でケイトのことをふとしたことで気にかけちゃう。ソーヤーのちら見を見逃さなかったジュリエットは、最初は島から逃げて1977年のアメリカにソーヤーと帰るつもりから→その後、爆破を阻止してみんなを助けるつもりでわざわざ島に戻ったのに→やっぱり「スワンは爆破すべき」って、二転三転心変わりします。鈍感ソーヤーびっくり。私はがっかり。

そのときのジュリエットの告白が「あなた(ソーヤー)と会わなければ、あなたを失うこともなかったから」。ああ、また涙腺が…。みなさん、私の書いていること、分かります? 意味不明? シーズン5絶対見てね。

ジュリエットは、愛する人を失う辛さに耐えられずに、何もかも起こらないこと(ソーヤーと会うこと自体起こらないよう→スワンを爆発させること)を選択するのです。

それで、スワンの穴に落ちちゃうでしょ、ジュリエット。。。。。ああ、これでシーズン6(最後のシーズン)で、ソーヤー&ケイトになったら、もう人間不信になるからね。ソーヤー、頼むよぉ。っていうか、ジュリエット生き返って、ソーヤーとまた一緒になってぇ。

写真は、ジュリエット&ソーヤーと、なんだか“損キャラ”になったケイトが、バーナード&ローズ夫妻に再会したところ。( © ABC, INC.)

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。