海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Southland』がシーズン2になってもダメな理由を考えてみる

southland

NBCで昨年始まったこのロサンゼルス市警(LAPD)を舞台にした警官ドラマ『Southland』が、シーズン2を迎えました。『ER』のジョン・ウェルズが製作で鳴り物入りで始めたわりには、視聴率が伸びず1シーズンで打ち切り。しかし、なぜか製作陣やキャスト(特にマイケル・カドリッツ)らがゴネたのです。結局、新しい放送場所は、ケーブル局のTNT。『ザ・クローザー』など人気のドラマを作っている、勢いのあるケーブル局が拾ったというわけ。

シーズン1についてはココ
そんなわけで、ちょっとだけシーズン2は注目されてましたが、やっぱりダメなものはダメだったようです。正確ではないですが、視聴者数は半分くらいに減ったかな?。もちろんケーブルになると視聴者数は減るのが当然ですから、仕方ないですが。だけどDVR率はわりといいんだって。私もそのクチですからね。ゆっくりオンエアに合わせて見る番組じゃない気がする。

キャストは相変わらず豪華です。昨シーズンの最後でラッセル(トム・エベレット・スコット)が撃たれたりで、リディア(レジーナ・キング)のパートナーでアマウリー・ノラスコ(『プリズン・ブレイク』)が入ったくらいかな。あと、昨シーズンむかついたトーマス・ハウエルがいなくなりました。

このドラマは、私は嫌いじゃないです。こういうリアル追求型で生々しいドラマは好きですね。だけど、視聴者受けしないのは、なんでか?と考えると、やっぱり、このドラマには感動がないのです。“ない”と言い切るのはよくないですね、この警官・刑事たちは、弱いところをなるべく見せないように…とする人種(少なくともこのドラマでは)らしく、泣きたくなっても、涙は人知れず流すのです。そういうのを感傷的に描かないので、なかなか感動は伝わりにくいです。それがいいんだ、という人はDVRで録画してみているのでしょう。

私は、このドラマの警官・刑事の仲間意識が好きです。辛い仕事、怖いときも、後ろを見れば仲間たちが守ってくれている…そんな一人じゃない感が至るところに描かれています。まるで、LAPDの宣伝だ、と言えばそんな作品かもしれません。だけど、実際にロサンゼルスに住んでいると、(怖いとこ来ちゃったなあ)とただ車を運転している時でも恐怖を感じることもあります。そんなとき、走り回っているパトロールカーを見るとどんなに安心するか(普段は、警察を見ると、交通違反をして違反切符を切られたりしないように…と思いますけどね)。それで、その警官たちが、ベン(ベン・マッケンジー)やジョン(マイケル・カドリッツ)みたいな頼りになる人たちだと思えるのは、とても有り難いことなのです。ああ、私はLAPDは広報係と化している。

最初のブログにも書きましたが、ベンはいいですよー。『The OC』時代ははるか忘却のかなた。彼は、言葉数で演じる役者ではないので分かりにくいのですが、息の長い俳優になるでしょう。今のところ不器用だけど心根のよい青年役ばかりですが、たとえば犯罪者役もうまくやれそうです。『The OC』以後、努力しましたね。彼を見るだけでも、特に『The OC』を見てた人には、価値のあるドラマです。

シーズン3はないと思うし、大騒ぎして延命するほどの作品でもないと思っています。スターの多いドラマですから、アンサンブルでいくつもストーリーが同時進行しています。だけどその分散しているストーリーが、何かのまとまり(テーマでもいい)を持っていないと、たとえ犯罪が解決しても「だから何?」で終わってしまうのではないでしょうか。私は3つのストーリーが別々に展開して、それぞれに感情移入できるほど、このドラマのことを分かっていないと思います。

たとえれば、レストランに行って、3品コース料理を頼んだら、3品ともメインだったみたいな。どうせだったら、サラダとメインとデザートにしてください。一つ一つはホント素晴らしいのに、惜しいよね。『サード・ウォッチ』でも同じようなことをしたジョン・ウェルズは『The Wire』の影響を受けて、これを作ったと思う。だけど、TVはもっと単純でいいんじゃないかなあ、『NCIS』みたいに。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

『Southland』がNBCの救世主になりそう、なってね→なりませんでした。

Southland


このブログは海外ドラマを好きな人に読んでいただくのが目的なわけで。それで、そんなターゲットの方々はたまらんのじゃないかと思うドラマがNBCで今月から始まった『Southland』(木曜午後10時)。

写真(© NBC Universal, Inc.)見るとですね、ど真ん中にいるのが、ベンジャミン・マッケンジー君(『The O.C.』)で、その後ろに、トム・エベレット・スコット(『ER』)、右端にはケビン・アレハンドロ(好きよん。『アグリー・ベティ』)、シャーン・ハトシー(ジャスティンと共演した映画『アルファ・ドッグ』)、マイケル・カドリッツ(TVでよく見ますね、代表作は何だろう?『スタンドオフ』?)、レジーナ・キング(映画『Ray』)もいますね。パイロットで見たときは、ドラマが三つくらい作れそうな豪華なキャストでびっくり。顔ぶれだけでもNBCの力の入れ方分かるでしょ。

で、ドラマはですね、全米で一番危ないとは全く言いませんが、かなり危なくって、?人種間のギャング抗争がある、?セレブがいる、って2大理由のおかげで、ストーリーが魅力的になりやすいロサンゼルスのLAPD(ロンサンゼルス・ポリス・デパートメント)が舞台。ベンジャミン演じるベン・シャーマンは、ポリス・アカデミーを出たばっかりの新米警官とその先輩のクーパー(カドリッツ)、優秀だけどハードに生きる分寂しさもかかえる女性刑事のアダムス(キング)なんかを軸に描いてます。彼らアンサンブル・キャストがさまざまな事件を扱って、でもそれが結局は一つに結びついて、みたいなところは映画『クラッシュ』ですよね、そう『クラッシュ』なんです、これは。あと『シールド』も足しといてね、みたいな。

まあ、緊迫感といい、ストーリーの一見ぶっきらぼうだけども綿密みたいなところは、ネットワーク系のドラマじゃ、久々に見た感じ。あえてFワード使って、それをピー音で消してみたいに頑張ってるけど、これは無駄だし、近いうちに辞めるでしょうね。でもネットワークでこれやるの、すごく勇気いると思う。(ケーブルドラマの『ブレイキング・バッド』でもやってたから、新しいことでもないんだけど)

まあ、だらだら書いてるうちに一番言いたいことは、ベンジャミン君が頑張ってますよってこと。『The O.C.』のときは、伸びないアクターだと思ったけど、間違ってました、私。この『Southland』では、細かい顔の動きもできてるし、不安とか困惑とか怒りとかの表現が桁違いにうまくなってると思う。おっさん顔になったのも、意外と良かったのかも。

視聴率はびっくりの大ヒットでもないみたいだけど、第ニ週目でライバルCBSの『Haper's Island』を逆転。ついに時間帯でトップになったらしい。しかも前半と後半の視聴率が変わらないっていうのが、NBCの自信につながってるみたい。だってそれだけ、番組がおもしろいってことだから。あと、若い層にも評判がいいんだってね。そんなわけで『Southland』はNBCの救世主になるか?なんてあちこちで期待されてます。誰も聞いてないけど、私も期待してます。毎週かなり楽しみにしてるドラマ。

絶不調のNBC、心より応援。

してましたが、NBCはこのドラマを打ち切った模様(2009年秋情報)。しかし、他のケーブル局かなんかで、放送されるとのウワサも。

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。