海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お笑い刑事ドラマ『The Good Guys』 なりきりオヤジ役者に学べ、コリン・ハンクス

GoogGuy

『バーン・ノーティス』のクリエーター、マット・ニックスの新ドラマ。『バーン・ノーティス』もコメディ部分がありますが、あっちはちょっとスカシが入ってますからね。このFOXで6月に本放送が始まった「The Good Guys」は、もうそんなクールとか、イケメンとかそういうの探すのも間違ってる、こてこて路線を行くお笑い刑事ドラマ。個人的にはかなりイケてます。80年代調のちょっぴり黄色がかかったような画面や、ロッケンロールな音楽もグーです。

写真を見てください。このドラマの全てを表してんな?と思ってアップしてみました。ブラッドリー・ウィットフォードは『ザ・ホワイトハウス』では切れ者の大統領側近の政策担当を演じていましたが(エミー賞も獲ったね)、このドラマでは、見ての通りのお笑い担当。この腰の入り方、コメディアンでもオヤジしかやんないでしょう。大好きな故クリス・ファーリー(映画『ビバリーヒルズ・ニンジャ』バカタイトル)を思い出しましたよ。

上昇志向の強い刑事ジャック・ベイリー(コリン・ハンクス)は、ある日、上司からダン・スターク(ブラッドリー)とパートナーを組むように命じられます。びっくり、がっかりのジャック。ダンは、その昔、知事の息子の命を救ったことで時の人となりましたが、昔の栄光にひたり、昔ながらの捜査しかできないため、部署では煙たい存在なのです。イヤイヤながらも引き受けたジャック。ダンとの初仕事は、保湿器の盗難事件でした。とほほ。

「犯罪とはセーターみたいなもんで、どんなささいなこと(毛糸)も、大きな犯罪につながってるもんなんだ」と、刑事の心得を説くダン。(保湿器を取るコソ泥ごときで…)とあきれるジャック。ことあるごとに「オレとフランクは…」と、過去を語りますが、その元パートナーのフランクは知事の息子を救出する際、ダンによって走行中の車に飛び乗ることを命じられ、トラウマにおちいり、刑事をやめてしまいました。走行中の車に飛び乗るのは、ダンのオハコのようです。上司から「ダンのペースに巻き込まれてはダメよ」と言われ、ジャックはため息です…。

何度も戻ってしまいますが、ブラッドリーの70年代ポルノスターみたいな口ひげ。オープンカーに飛び乗ろうとして、ドアにつっかえる身の(鈍い)こなし。ラブシーンでの食いつくようなキス。どれを取っても計算済みのお笑いキャラ設定です。コメディアンの人が、シリアスな演技をしてみたら意外にうまいというパターンはよくありますが、その逆はあんまりない。それだけ、お笑いは難しいんだと思うし、また俳優もうまく弾けることができないんだと思う、無理しちゃってると思われたりで(ハゲ頭姿のトム・○ルーズみたいに)。ブラッドリーは長年連れ添った奥さんのジェーン・カツマレク(『マルコム in the middle』)と破局したことで吹っ切れましたね。

コリンとブラッドリー、共演してをするのはコリンでしょうか。コリンはお父さん(トム・ハンクス)の監督する映画でデビュー、ひょうひょうとしたムードで、どんな大器になるかと期待したけれど、あれから15年近くたって、どうも伸び悩んでいる気がします。演技力も存在感さえもあるのに、もったいない。ブラッドリーの腰の入り方にはまだ早いですが、役に100%なりきっているこのオヤジ俳優から、お父さんから学んだことと同じくらい大切な役者魂を学ぶことになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: FOX 「The Good Guys」

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。