海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張って、マギーさん 最年長美少女役?『Nikita』

MaggieQ

映画『二キータ』の何度目かの最新リメイクが、この間から始まりました。私は、『ダーク・エンジェル』とか『ドールハウス』とか、ああいう若い女の子たち(&男の子)が、政府の機関に育てられてスパイになる…って話がどうもダメ。オタク映像人は調教モノが好きだねーなんて苦笑なわけです。

今回のCWでのリメイクも、またかよーって感じでしたが、今、2話目まで見て結構楽しんでます。主役のマギー・Qさんが、アジア系(白人の父とベトナム人の母)てこともありますが、31歳に見えぬ?老け顔のマギーさん、頑張ってといいたくなるのです。アジア系で連続TVシリーズの1時間ものの主役って初めてだと思うんでね、冗談じゃなく頑張ってほしいですね。

MQ2←主役のためには、こんな恥ずかしい水着も着なきゃいけません。それにしても肌つるつる。

さて、この新『Nikita』はこれまでのオリジナルやその他の『ニキータ』と同じ部分もあるようで、ちょっと違う。マギーさんのニキータは、ある意味ニキータ卒業生”

パイロット版は、ドラッグ中毒で強盗&殺人の疑いもある少女アレックス(リンゼイ・フォンセカ)が、警察に逮捕されたかと思いきや、謎の機関ディヴィジョンにスカウトされたところから始まります。そのスカウト、マイケル(ショーン・ウエスト)は、アレックスに逮捕されるか、ディヴィジョンに入るかの選択だといいます。アレックスはよく分からないままディヴィジョンへ。そこは、暗殺者養成機関でした。

ディヴィジョンは政府の秘密機関ではなく、実はCIAもやらない汚いことを手がける必要悪の下請け機関。一度入ってしまったら抜けられないディヴィジョンとその親玉パーシー(ザンダー・バークリー)に、マイケルも内心嫌気がさしているようです。

そこで、ニキータニキータは、ディヴィジョンが育てた最初の暗殺者でしたが、3年前に逃亡。以来、ディヴィジョンから狙われています。ニキータはただ逃げ回ってるのじゃなく、ディヴィジョンの狙う外国政府の要人を暗殺から救うなど、ディヴィジョンの邪魔をします。けれど、なぜニキータはディヴィジョンの動きが分かるのでしょう。そこにはニキータの仕込んだスパイがいたのでした…。

今後は、新人暗殺者アレックスを成長させながら、ニキータ(+スパイ)がディヴィジョンと闘うんでしょうね。アレックスを“若きニキータ”役にさせてるのは、いい演出だと思います。映画と違うので、TVドラマで主役をニキータ一本に絞るのは展開的に広がらなくって辛すぎますから。

alex←マギーさんがコケたら、次は私が…と思ってないわけでもないかもしれない、リンゼイとおっさん化ショーン

ショーン・ウエストは、いい俳優になりましたね。『Once and Again』ではエヴァン・レイチェル・ウッドのお兄さん役だったんだよね、隔世の感。『ER』の役も良かったけど、今はおっさん顔になっていろんな役ができそう。老け顔(2回目、すいません)のマギーとはお似合いに見えますね。

『ドールハウス』ダメだった人はたくさんいると思いますが、これは無理に頭を使わずに作っています。突っ込みどころも実は満載。こういう作りはTVドラマらしくっていいね

追記:放送第3回目は、裏番組『グレイズ・アナトミー』『CSI』『フリンジ』が、新シーズン開始という、とんでもない時間帯での競争でしたが、なんと先週からほとんど視聴者数は変わらず。しっかりファンをキープしました。これは、CWではとんでもなく凄いことで、米のウォッチャーもびっくり。たぶん『フリンジ』の視聴者をいただいてるのでしょう。良かったね、マギーさん。シーズン2ほぼ当確の予測。(9月24日)
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: CW Nikita ニキータ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。