海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダサ子はビッチを変えられるか?『23号室の小悪魔』

TVcom
TVguide.com から借用しました。イケナイことなんだけど、番組のムードを表してる、いい写真と思って。左から、腐女子、先輩プー、ビッチ、ドーソン、ダサ子、変態

この4月から始まったコメディ『Don't Trust the B---- in Apartment 23』(邦題『23号室の小悪魔』)に意外なほど、はまっています。Bの後に続く伏字は、もちろんBitch! 昨シーズン、ウィリアム・シャトナー主演のコメディに『$#*! My Dad Says』というのがありましたが、$#* の部分は、Shitだったらしいです。bitch(むかつく女)も、shit(くそッ)もTVの台詞で聞くこともありますが、タイトルにするのは、まだまだご法度なんですね。アメリカにはいろんな人や思想がありますから、配慮が必要なんでしょう。そもそもそんなこと気にする人は、この手のコメディなんて見ないだろうと思いますけど。

主人公のビッチこと、クロエは奔放な自由人。クロエの住むNYのアパートに、田舎者のジューンがルームメートとしてやってきたことから始まります。ジューンは就職が決まっていたウォール街の会社が倒産状態、夢を見てNYに来たのに早速プー。親の期待を背負って来ただけに、今さら田舎に帰れず、手元にあるお金をはたいてクロエと住むことに。ところがクロエは、初対面で感じのいいことを言って人を騙す、ビッチでした。当然ジューンもお金を巻き上げられ、追い出されそうになるのですが…。クールでお洒落だけどビッチのクロエと、田舎者のダサ子ジューン、まったく共通点のない二人が、この後どうなる?

このコメディがおもしろかった理由を考えてみました。まずは①ビッチなクロエと言っても、常識外れで人のことを考えないという部類。確かに人を騙しますが、意地悪というのじゃないのがミソ。意地悪なビッチが主役のコメディなんか見たくないですから。そして②田舎者のジューンが好ましい。人が良いだけじゃなく、クロエにしっかり立ち向かってるのが気持ちよい。③その他のキャラが出来上がっている。クロエの天敵なのかファンなのか、同じアパートのロビン(腐女子)、向かいのアパートのイライ(変態)、そしてクロエの親友ジェームズ・ヴァンダー・ビーク(ドーソン!)等々。一風変わった人たちばかりだが、それもNYらしくって、なんだか素敵。

個人的には③のジェームズが出てるから見始めました。なぜか『マーシー・ホスピタル』で、ジェームスのファンになってしまったのです。しかも本人役というのだから、ファンにはたまりません。ジェームズも開き直って、このコメディに取り組んでいるのでしょう。

最後にアクターを。主演のビッチ役クリステン・リッターは、はまり役。個性的な外見も浮世離れした感じに役立っていると思います。クセ者ぞろいの『ブレイキング・バッド』でも上手かったので、今後も活躍するのではないでしょうか。あとは、やっぱりドーソン(笑)。ほんとにかっこいいんだもん、『ドーソンズ・クリーク』のころ、変な顔と思ってて、ごめんなさい。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。