海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井選手とデビッド・レターマン

angeles

松井選手、エンゼルスですね。おめでとう。見に行きますよ。

松井選手、ヤンキース優勝翌日には、NYで公開録画されている人気コメディアン、デビッド・レターマンの深夜のトークショーに、ジーターらと一緒に出演しました。このときのことは日本でも報道されてたみたい。

このレターマンは、超スポーツ好きでヤンキースのファンであり、オリンピックファンでもあります。NYのアイコン的存在の一人と言ってもよく、彼の発言はよくメディアで取り上げられます。彼のトークショーは、深夜の時間帯では一番の高視聴率を得ています。

この前ケイト・ハドソンがゲスト出演したとき、「ヒデキ・マツイはどうなると思う?」なんて聞いてました。ケイトは(そんなもん知るか!)と笑ってごまかしてましたけど。(この数日後に、ケイトとAロッド破局が発覚)

その後レターマンは、エンジェルスに決まった翌日も番組でジョークを放ちました。「ヒデキ・マツイとヤンキースは契約を結ばなかった。ワールドシリーズで.421(?)しか!打たなかったからね。こういうことって時にはあるよ」。ヤンキースのキャッシュマンGMに向けて強烈な皮肉です。レターマンは松井選手のことが好きだったんですね。

グッバイ。ヤンキース、きっと打たれるよ。
スポンサーサイト

松井選手、“I love NY.”くらい英語で言ってもよかったね

matsui

ヤンキースが27回目の世界一となりました。もちろん、その主導力は松井秀喜選手。ジャイアンツにいたときも好きな選手だったですが、彼がヤンキースに来ても、その魅力はちっとも変わりません。日本一の巨人軍を出るのだから、世界一のヤンキースじゃなきゃだめなんだ、っていう思いでヤンキースに入団、そして6年間ピンストライプでプレーしてきたんですよね。

もともと一匹狼なイメージが巨人軍ではありました。ヤンキースでは、チームに溶け込むのにはそんな簡単じゃなかったと思いますが、ジーターという素晴らしいチームリーダーに助けてもらったことは数え切れないでしょう。まあ、あの多国籍軍のヤンキース、もちろん街自体もそんなとこですから、自己流を貫くにはいいところだったでしょうね。

松井選手、2度目のワールドシリーズ、第2戦目のソロホームランのとき、後のニュースで元ロッテ監督のヴァレンタインがおもしろいことを言ってました。「このホームランはヤンキースにとって、大きかった。何しろ、このシーズンでヤンキースが初めて勝ち越せたのがこのホームランだったのだから。このホームランは、このシリーズを変える一打になったかもしれない」。ヴァレンタインさん、おっしゃるとおりでしたね。

松井はこのシリーズでだったと思うけど、別の解説者から「松井は、FAになるけれども、ヤンキースとしか交渉しない(間違い)なんて、信じられないよ。他の球団もワンサと欲しがってるだろうに」なんて言われてました。ヤンキースが好きっていう思いは変えられないですからね。そのあと「友達のイチローがいるマリナーズとなら交渉するかもしれません」なんて図星なこと言われてました。でもやっぱり、西じゃなくて、東海岸でしょ、あの人。

そんな大好きなヤンキースですが、この一年こんなに活躍しても、残すなら「マツイより、デーモン」の声が圧倒的なのは、打席以外での存在感の違いでしょう。(まあ、デーモンはレッドソックス時代から人気者だけど。だけど、敵だった人でしょ)

写真はMVPの表彰台ですが、その後のインタビューでも彼は、いつものように通訳を使いました。使うのは全然いいんです。もちろん、そんなこみ入った質問、あの場でされるわけないんで、いらなかったと思いますが、まあ、万が一のため(彼が英語を聞き取れないとか、興奮しすぎて)、通訳が隣にいるのは。だけど、なんで「僕はニューヨーク(ヤンキース)が好きだし、チームメートが好きだし、ファンが好き」も日本語なの? 通訳は肝心なチームメートを訳してないし。あれ、盛り上がるはずだったのに。

他の部分は全部日本語だったといても、この3つのセンテンスだけでも、いや I love NY.だけでも、英語で絶叫してくれたなら、ファンの残留への気持ちは全く変わっていたのでしょう。せっかく言葉でアピールできるチャンスだったのに。

イチロー選手も英語をしゃべるのイヤがるよね。あれ、なんでだろう? そんなに日本男児は日本語訛りの英語を聞かれるのが恥ずかしいのだろうか? 誰もネイティブな発音なんて期待してないし、日本語訛りの方が愛嬌あるくらいだ。日本人なんだから。

センシティブなことは、通訳に任せたらいいと思う。だけど、ここぞの一発にまで、日本語で押し切ることないでしょう。それが凄く不思議。なんでかな?教えてほしい。

日本のプロ野球でも愛されて、長く続いてるの、ラミレスとかローズとか、日本語を使ったり、バカやって、なじんでるのばっかりだ。それは彼らが、日本を最後の働き場と決めて、長く居続ける術と分かってるんだと思う。

イチロー選手も松井選手もチームメートたちとは英語なんですってね。じゃあ、ファンにもチームメートに接するみたいにしてくれたらいいのに。

先日、放送が始まったFOXのトークショー「The Wanda Skykes Show」で、“このアジア系セレブがどこの国の出身か当てよう!”というかなり過激なクイズコーナーがありました。参加者は、司会のコメディアン、ワンダと、FOXの「Brothers」の黒人コメディアンと、「24」のクロエ役の人と、リアリティショー「The Amezing Race」の司会者。みんなコメディアンですわ。

そのクイズの問題の一番目が松井選手でした(次が「ER」の女優ミン・ナ)。3択で、a韓国、b日本、c沖縄の中では、まあ、答えはbですよね。みなコメディアンの連中ですから、ボケたいに決まってますが、「Brothers」の人が「b」と(あー、つまんない)と言いたげに答えると、一応、クロエが「c」とボケます。「Amazing」の人もつまんなさそうに「b」、そして司会のワンダが「(投げやりに)だって、こんなの知ってるもん、マツイでしょ」と言うと、クロエも「Easy、Easy」と、簡単すぎて誰もボケようがないようでした。時の人だけなんだけに、知らない人はいません。たぶん、イチロー選手だったら、知らない女性もいるかもしれませんが、今のマツイ選手は全米の85%くらいに認知されてそうです。

こんな認知も去年のようにフィリーズとレイズの対戦だったら、MVPってだから?って感じですが(一般の番組では)、ジーターやAロッドのいるヤンキースの一員だからなんだと思います。そんな恵まれた環境だからね。

だからこんな時くらい、“I Love NY.”と絶叫してくれても良かった。ゴジラなんだから。二度とはない夜だったんだから。
hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。