海外ドラマ投票14
今回もあなたの思う「犯人カモ」をどしどし追加してください。あのドラマに出てたあの人、でも可。どうぞよろしくお願いします。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票9
海外ドラマのオープニング音楽って、毎週聞くもんで耳についちゃいますね。これは一生忘れないだろうというのを教えてください。
無料アクセス解析
海外ドラマ投票6
海外ドラマファン人生のなかで、一番好きと思えるドラマは? 冷静に考えて、考えて。
無料アクセス解析
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な教育番組『The Philanthropist』

The Philanthropist
基本的にありえない話は嫌いな私ですが、『The Philanthropist』は、全くありえない話なわけですが、ある意味で、好感度を持っています。

それは、主役のテディ・リストをジェームズ・ピュアフォイ(『Rome』(HBO)でマーク・アントニー役)が演じているから?ってわけでもあんまりありません。それは、毎回のテーマに、人権がじゅうりんされている国家や問題を選んでいるということです。

初回はナイジェリアでワクチン配布、二回目はミャンマー、じゃなくてビルマ、三回目はロシアの違法移民(=売春婦)でした。

リストが、こうした人権問題に乗り込んでいくことで、私たちはその問題を勉強することになるのです。なんと?。

ここで、タイトルのフィランソロピストの意味をお伝えしましょう。「慈善家」ってやつです。

アメリカは、たとえばこの間、LAの美術館MOCAが経営危機に陥ったとき、フィランソロピストのイーライ・ブロードさんが、寄付を申し出ました。寄付といっても数十億円だったりするので、とんでもない話です。財団を作っているビル・ゲイツもフィランソロピストでしょうか。

このドラマのリストもビル・ゲイツを多少は?モデルにしてますかね。まあ、大企業のCEOってとこだけ。

それで、このリストは、息子の死をきっかけに生き方、考え方が大いに変わります。そしてあるときナイジェリアで偶然ハリケーンにあったとき、少年を助けたことで、「これが自分のやることなんだ」と目覚めたらしく、会社の社長業もほったらかして、札束をばらまき、世界のあちこちで慈善活動っていうか、世の中を正していく活動。ビル・ゲイツなら移動にはボディ・ガードはかかせませんが、リストは一応、秘書とかドライバーはいますが、あんまり社長の命の心配はしてないようです、彼ら。

まあ、この辺はね、テーマはよくても、ドラマの作りはちょっと極端で、キャラクターがステレオタイプかな。正しいことをやってるんだから、間違いない、というアメリカ人のヒーロー意識そのもの。

久しぶりにネーヴ・キャンベルを見ました。ちょっとドラマチックに演じすぎてる気もしますが、『サンフランシスコの空の下』や映画『スクリーム』のときよりも、うまくなってますよね。地味系の顔立ちはあんまり変わってません。

他に『The Wire』(HBO)のオマーこと、マイケル・ケネス・ウィリアムスも出てます。『OZ』(HBO)のトム・フォンタナがエグゼクティブPだから、HBO勢が多いんでしょうね。『OZ』とは全く違うドラマですが。個性の強すぎるHBOで目立った役者を使ってくれるのは嬉しいかな。
スポンサーサイト

テーマ: 海外ドラマ(欧米)
ジャンル: テレビ・ラジオ

hulu
GyaO!ストア
グリコ
グリコネットショップの最新情報です。
ツタヤ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブログ内検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。